専門外来

ペインクリニック外来(麻酔科)

診療内容

ペインクリニック外来も学会の認定施設になっています。当院は癌と感染症の専門病院ですから癌性疼痛に対する疼痛管理を主治医と共に行っています。ただし癌性疼痛ばかりでなく顔面神経麻痺、帯状疱疹、片頭痛、突発性難聴、三叉神経痛、頸椎症、腰椎症、椎間板ヘルニア、ぎっくり腰、末梢神経障害、神経原性 疼痛など種々の疾患を対象に治療を行っています。特に頑固な持続する痛みに対する硬膜外電極挿入による脊髄刺激療法は数多くの症例を持っています。

専門分野

「ペインクリニックって何だろう」と思っている方が多いと思います。簡単に言うと“痛み”を専門に扱う診療科です。

人が痛みを感じるときの大部分には神経が関係しています。ペインクリニックで行うブロック療法とは、痛みに関係している神経に一時的にまたはある一定期間麻酔をかけて痛みを取る方法です。中には神経自体を働かないようにして半永久的に痛みを取る方法もあります。さらにブロック療法は血液の循環(血のめぐり)を良くするため、痛み以外の病気(例えば顔面神経麻痺や突発性難聴、動脈硬化による四肢の冷感など)にも適応があります。

痛みが長く続いた状態を慢性疼痛と呼びます。慢性疼痛は人間の精神的な健康を次第にむしばんでいく場合が多く、周囲の環境への順応や人間関係がうまくいかなくなることがあります。そういった状況もペインクリニック外来でカバーします。

このようにペインクリニック外来では単に注射をして痛みを取るだけではなく、患者さんの精神的なリラクゼーションを目的に診療を行っています。

ページの先頭へ戻る