専門外来

がんゲノム医療外来

駒込病院 遺伝子診療科
都立駒込病院 遺伝子診療科 部長 山口 達郎

1.がんゲノム医療とは

「ゲノム」とは、遺伝子(gene)と染色体(chromosome)を組み合わせた造語で、遺伝情報全体を表します。

当院のがんゲノム医療外来では、標準治療に効果を示さなくなった患者さんや標準治療がない患者さんを対象に、「がん遺伝子パネル検査」で、がんのゲノム(遺伝子)異常を調べ、候補となる治療薬を探します。検査申込から結果説明までは、おおよそ4~6週間です。


がん遺伝子パネル検査の概要(患者さん向け案内パンフレット)


2.対象患者

対象となる患者さんは以下のとおりです。

    ・標準治療がないがんの方(希少がんなど)

    ・現在がんの治療を行っているが標準治療の効果が乏しい方

    ・本検査施行後の化学療法に耐え得る体力が十分にある方

      ○ 現在PSが0-2である。

      ○ 生命予後が3ヶ月以上あると推定される。

      ○ 経口摂取が可能である。

※検査が可能かどうかは、当院の医師が最終的に判断いたします。ご了承願います。


3.がん遺伝子パネル検査の種類

当院では、保険診療で認められた2種類のがん遺伝子パネル検査を実施しています。

OncoGuideTM NCCオンコパネル ・がんに関連した114遺伝子を、がん組織と血液の両方で調べます。
・血液検査で遺伝性腫瘍に関連した遺伝子の異常が分かることがあります。
FoundationOne® CDx がんゲノムプロファイル ・がんに関連した324遺伝子を調べます。がん組織の検査のみで血液検査は必要ありません。

4.受診の流れ

他の医療機関を受診中の患者さんにおける、がんゲノム医療外来受診の流れは次のとおりです。

(当院を受診中の患者さんの場合は、担当診療科の主治医とご相談ください。主治医からがん遺伝子パネル検査についてご説明します。)

受診の流れ

    ご不明な点は、遺伝子診療科までお問合せください。

    メール:gan-genome@cick.jp

    電 話:03-3823-2101(代表) (PHS:65901)

    ※電話交換手にPHS番号へ取り次ぐようお伝えください。

ページの先頭へ戻る