精神腫瘍科・メンタルクリニック

精神腫瘍科・メンタルクリニック

駒込病院 精神腫瘍科・メンタルクリニック
都立駒込病院 精神腫瘍科・メンタルクリニック 部長 秋月 伸哉

患者さんへのメッセージ

精神腫瘍科とは聞きなれない言葉かもしれませんが、がん患者とご家族の心理的なつらさに対し、専門的なアドバイスと最適な薬物療法を提供する部門で、1980年代に確立した新しい領域です。
駒込病院精神腫瘍科・メンタルクリニックでは、がんをはじめとする身体疾患治療中の患者さんと、そのご家族の精神・心理的な問題に対する外来診療と、リエゾン・コンサルテーションを行っています。

リエゾン・コンサルテーションとは、身体疾患の診療にあたっている診療科と連携して、入院中の患者さんへの心理的サポートや合併する精神疾患の治療を行うことです。精神腫瘍科医師の他に精神看護専門看護師、心理士、薬剤師、精神保健福祉士を含む多職種から成るリエゾンチームが診療に携わり、相談をお受けしています。頻度の高い症状は、「せん妄」「眠れない」「不安」「気分が落ち込む」「認知症」などです。また、特段の診断がつかない心の悩みについても相談・対応しています。

外来では、当院で身体疾患治療を行っている患者さんの精神的な症状に対し、カウンセリング、薬物療法を行っています。また、患者さんと同じように心理的な負担を経験されるがん患者のご家族・ご遺族に対しても「家族ケア外来」として精神腫瘍科の外来診療を行っております。

他にも造血幹細胞移植を受けるすべての患者さんへの心理サポート、緩和ケアチームの活動、診察ではない心理相談であるこころの相談室と様々な活動を行っています。いずれも患者さんやご家族の気持ちに寄り添い、気持ちのつらさを緩和し、患者さんやご家族が希望をつないでいけることを目標にしています。

がんをはじめとする重大な病気は、患者さんの心身両面に大きな変化をもたらします。不安や落ち込み、やりきれない気持ちなどについての相談を希望される際には、まず各診療科の主治医にご相談下さい。

駒込病院 精神腫瘍科

ページの先頭へ戻る