医療関係者の方へ

病院情報誌 Robin(ロビン)

Robin vol.09 変わり始めた肺がん治療
01
「肺がん」の検査と治療のいま
<呼吸器内科医長 細見幸生>
02
呼吸器グループが万全の連携で肺がんに立ち向かいます
<呼吸器外科部長 堀尾裕俊>
03
肺がんの放射線治療も変わりはじめています
<放射線診療科(治療部)医員 清水口卓也>

○外来で抗がん剤治療を受ける患者さんへの支援
○栄養科便り
○口腔外科疾患シリーズ②
Robin Vol.08 よくわかる がんの放射線治療
01
「高精度の放射線治療」でからだに優しく、確実な治療を
<放射線診療科(治療部)部長 唐澤克之>
02
「飲む」「注射する」放射性医薬品があります
<放射線診療科(治療部)医員 待鳥裕美子>
03
 がんによるつらい症状を放射線で「緩和」できます
<放射線診療科(治療部)医員 伊藤慶>

○医学物理士ってどんな職?
○栄養科便り
○口腔外科疾患シリーズ①
Robin Vol.07 知っておきたい大腸がん
01
「大腸がん」は早期発見して治しましょう
<消化器内科部長 小泉浩一>
02
 ロボット支援下直腸手術が保険適用に
<大腸外科医長 中野大輔>
03
 がんのリスクを事前に知る「遺伝子診療科」とは?
<大腸外科部長 山口達郎>

○検査結果のみかた
○栄養科便り
○歯科医師への道(第3回)
Robin Vol.06 自分らしく生き抜くために
01
あなたは自分の人生で何が一番大切ですか?
<院長 鳶巣 賢一>
02
がん治療と同時にはじめる「緩和ケア」
<緩和ケア科部長 田中 桂子>

○心のケア
○栄養科便り
○歯科医師への道(第2回)
Robin Vol.05 造血幹細胞移植という選択
01
日本屈指の「白血病」治療で患者さんを支えます
<血液内科部長 大橋 一輝>
02
「フォローアップ外来」で退院後も体と心をケア
<血液内科医長 土岐 典子>
03
「遺伝子」を調べて治療法を選ぶ時代がきています
<血液内科医員 名島 悠峰>

○ご存知ですか?移植コーディネーター
○栄養科便り
○歯科医師への道
Robin Vol.04 感染症から身を守ろう
01
増加中の「輸入感染症」と身近な「食中毒」
<感染症科部長 今村 顕史>
02
海外へ行く前に必要な「ワクチン接種」とは?
<小児科医長 城 青衣>
03
病院一丸となって訓練と予防を行っています
<感染管理認定看護師 渡辺 多美>

○細菌検査とは
○栄養科便り
○歯科技工士の話
Robin Vol.03 新しいがん免疫治療
01
「免疫」で治す新しいがん治療とは?
<腫瘍内科医長 下山 達>
02
チーム医療で副作用をマネジメント
<皮膚腫瘍科医長 吉野 公二>
03
一人ひとりの患者さんに最新の「標準治療」を
<腫瘍内科医長 小室 泰司>

○がん治療中の食事について
○栄養科便り
○歯科衛生士の話
Robin Vol.02 乳がんと向き合う
01
「乳がん」は早期発見が肝心です
<乳腺外科医長 有賀 智之>
02
じつは駒込病院は「乳房再建」のパイオニアです
<形成再建外科部長 寺尾 保信>
03
「アピアランスケア」で治療中も自分らしく
<乳腺外科医員 堀口 和美>

○乳がん治療の看護支援
○栄養科便り
○顎義歯の話
Robin Vol.01 2017年 春
特集01
前立腺がんの手術に『ダ・ヴィンチ』という新しい選択肢
<腎泌尿器外科部長 古賀 文隆>
特集02
『患者サポートセンター』が誕生しました
<患者サポートセンター長 出江 洋介>
特集03
ご存知ですか?手術前後の“お口のケア”
<歯科口腔外科医長 山内 智博>

○がんの痛みと医療用麻薬 <がん専門薬剤師 宮澤 真帆>
○栄養科便り

都立駒込病院 連携ニュース(2005年3月~2016年10月)

ページの先頭へ戻る