呼吸器内科

呼吸器内科

駒込病院 呼吸器内科
都立駒込病院 呼吸器内科 医長 細見 幸生

患者さんへのメッセージ

当科では、肺結核と睡眠時無呼吸症候群を除いた呼吸器疾患全般の診療を行っています。特に肺癌の診断および治療に対して力を注いでおります。
当院の肺がん診療の特徴は、様々な診療科の医師や様々な場面を担当する看護師、薬物の専門家として関わる薬剤師、医療ソーシャルワーカーを始めとする相談員など様々な職種が連携しながら診療を行っております。また、がん専門施設や大学病院との定期的な研究会や共同研究、交流を行っており、常に高い水準の医療が行える体制を整えています。
肺癌に対する治療の目標は治すことです。しかし、進行肺がんにおいては治すことは難しいのが現状です。進行肺癌に対する治療目標は、①長生きしていただくこと、②元気で生活していただくこと、③負担が少ないことなどが挙げられます。これらの目標は個人個人異なるので、患者さん一人一人の目標に沿って診療を行っております。また、今ある最良の医療の上を行くような医療を日々目指しております。患者さん自身が病気と向き合い、納得のいくやり方で治療に臨み、納得のいく生き方ができるよう、最適な医療を提供していきたいと考えております。

駒込病院 呼吸器内科

ページの先頭へ戻る