血液内科

同種移植の流れ

同種移植の流れ

造血幹細胞移植は、点滴という形であらかじめ患者さんの血管に留置しておいた中心静脈カテーテルから輸注します。
一見すると、輸血と変わりません。
輸注された造血幹細胞は血流に乗って患者さんの骨髄にたどり着き、そこで働き始めます。
赤血球の血液型が患者さんとドナーさんとで異なる場合には、赤血球あるいは血漿(血液の中の液体の部分)を除いた造血幹細胞のみを輸注します。
移植して、数日から1週間で白血球数がほぼ0になります。
血小板も作られないため、定期的に血小板輸血をして、2万/μl以上に保つ様にします。
赤血球も定期的に輸血します。
移植から2~3週後に白血球数が少しずつ増加し始め、3~4週で白血球数が1000/μlを越えると、細菌感染の危険は減ります。

移植後の検査

特に生着までの期間は、頻繁に血液の検査を行います。
また、造血能の状況を調べるため、適宜骨髄検査を行います。
さらに、移植後の様々な合併症に対応するために、レントゲン撮影、腹部および心臓の超音波検査、CTやMRI検査、そのほか皮膚生検・ 肝生検・気管支鏡・胃内視鏡・大腸内視鏡などを行うことがあります。

輸血

特に生着までの期間は、頻繁に血液の検査を行います。
また、造血能の状況を調べるため、適宜骨髄検査を行います。
さらに、移植後の様々な合併症に対応するために、レントゲン撮影、腹部および心臓の超音波検査、CTやMRI検査、そのほか皮膚生検・ 肝生検・気管支鏡・胃内視鏡・大腸内視鏡などを行うことがあります。

輸血

前処置を開始すると、赤血球数、白血球数、血小板数は急速に減少します。
貧血に対して適宜、赤血球濃厚液を輸血します。
また血小板の減少は、出血の危険を伴うため、血小板濃厚液の輸血を頻繁に必要とします。

副作用と危険性

移植直後は白血球の減少に伴う感染症や血小板減少に伴う出血などの危険性があります。
また、使用する薬剤、特に前処置に用いられる薬剤による特有の副作用が起こりえます。
心臓、肝臓、腎臓、脳などに様々な合併症が起こることがあります。
とくに、肝臓ではVODが重要です。

肝中心静脈閉塞症 (VOD)

前処置に用いた大量の抗がん剤や放射線照射の影響で、特に肝臓は障害を受けやすく、注意が必要です。
VODは移植直後にみられる主要な肝臓の合併症です。
抗がん剤や放射線照射により肝臓の循環障害が引き起こされることで、VODは発症します。
移植後1~14 日ころまでに、黄疸、肝腫大、右上腹部痛、腹水や原因不明の体重増加がみられます。
血小板数も極端に減少します。VODの発症率はおおよそ10~15%前後といわれています。
今までに、様々な治療法が試みられていますが確実な方法はなく、重症の場合は多臓器不全を起こし、死亡率が高い合併症です。
VOD発症予防のためウルソという薬剤を内服していただいています。

ページの先頭へ戻る