血液内科

造血移植拠点病院事業

造血幹細胞移植推進拠点病院

当院は、厚生労働省「造血幹細胞移植医療体制整備事業」の対象として、平成25年度に全国で初めて造血幹細胞移植推進拠点病院のひとつに選定されました。
造血幹細胞移植推進拠点病院は、疾患の種類や病状に応じて3種類の造血幹細胞移植(骨髄移植、末梢血幹細胞移植、臍帯血移植)のうち適切な移植法を実施できる体制を確保した拠点的な病院として、造血幹細胞移植に関する人材育成や診療支援等を行うことにより地域の造血幹細胞移植医療体制の底上げを図っています。
公開セミナーのお知らせや移植コーディネーター見学研修のご案内など随時更新しております。
詳しくは 
http://www.cick.jp/activity/transplantation.html をご覧ください。

1.造血幹細胞移植医療人材育成事業

主に造血幹細胞移植に携わる専門的な医師や医療従事者の育成及び地域の医師等を対象とした研修事業を行います。

2.造血細胞移植コーディネート支援事業

移植医療関係者や関連機関と調整を行うことにより、移植/採取までの期間短縮を支援する、造血細胞移植コーディネーター(HCTC)を専任で配置し、地域の医療機関の医療従事者も参加する造血幹細胞移植に関するカンファレンスや勉強会等を開催します。

3.造血幹細胞移植地域連携事業

地域の医療機関の要請に応じて、造血幹細胞移植の専門医を派遣するなどの診療支援を行います。

平成28年11月までに全国で9施設が選定され、現在は東海大学と連携し関東甲信越におけ造血幹細胞移植の医療整備に努めています。

ページの先頭へ戻る