腫瘍内科(化学療法科)

専門分野

経験豊かな腫瘍内科医によるがんの薬物療法

  1. 私たち腫瘍内科医は臓器横断的にすべての悪性腫瘍の治療に対応可能ですが、院内での役割分担上、現在の診療対象は消化器がん(食道、胃、大腸、肝胆膵など)、悪性リンパ腫を中心とした抗がん剤治療を必要とする患者さんです。また、胚細胞腫、GISTを含めた肉腫、原発不明癌など特殊な腫瘍・病態の治療にも我々が対応しています。
  2. 悪性リンパ腫を中心とした造血幹細胞移植を血液内科、輸血細胞治療科の協力のもとに実施しています。
  3. インフォームドコンセント(十分な説明の上の同意)を重視しています。病名、病気の性質、状態および治療内容について、詳しい説明を行ないます。患者さんご本人に十分理解していただき、同意を得た上で治療を行っています。
  4. 治療法は最新の科学的根拠(EBM=evidence-based medicine)にもとづいた標準的治療が行われます。その後も状況に応じて最善の選択肢を患者さんとよく相談のうえ決めていきます。
  5. 臓器別にキャンサーボード(治療方針決定のための関連各科医師の集まるカンファレンス)を開催し、抗がん剤のみでなく、手術、放射線治療を含めた個々の患者さんに最適な治療(集学的治療)を検討しています。
  6. 初回入院で副作用の程度などを確認した後、多くの患者さんが外来通院で治療の継続を行っています。QOL(生活の質)を重視し、できるだけご自宅での生活と治療が両立できるよう常に心がけています。
  7. 病状に応じて、地元の医療機関、在宅医、訪問看護などと連携を持ちながら、最善の医療が継続できるよう努めています。
  8. 治療などについてのセカンドオピニオンにも専門医が対応しております(予約制)。

「駒込病院ならでは」のがん化学療法

抗がん剤治療を必要とするがん患者さんはより高齢化し、種々の合併症をすでに持っているケースが多くなっています。さらに新しい分子標的治療薬ではこれまでの抗がん剤では経験しなかったような多臓器にわたる副作用があることが明らかとなってきました。もはやがん治療専門医のみでがん患者さんの治療ができる時代ではなく、患者さん個人をトータルとして診療する能力が求められます。そのような観点からは「がん」のみを診療するセンター病院ではなく、「総合診療基盤」を有する駒込病院だからこそのがん化学療法が可能となるといえます。

臨床研究・臨床試験について

当科は日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)、東京がん化学療法研究会(TCOG)など複数の臨床研究グループに所属し、臨床試験として新薬、新しい併用化学療法などの研究的治療にも積極的に取り組む他、数多くの治験にも参加しています。

2011年以降に参加した主な臨床試験・治験(国際共同比較試験を含む)

年度 対象疾患 研究名
2011 胃癌
(治験)
プラチナ製剤とフッ化ピリミジンによる一次治療が無効又は実施後に増悪が認められた転移性胃腺癌患者を対象とした、パクリタキセル毎週投与法とパクリタキセル毎週投与法/ラムシルマブ(IMC-1121B)併用療法を比較する多施設共同無作為化プラセボ対照二重盲検第III相試験
2011 膵癌
(治験)
ゲムシタビン耐性膵癌患者を対象としたS-1/LV併用療法とS-1療法のランダム化比較試験
2012 胃癌 切除不能進行・再発胃癌を対象としたS-1/シスプラチン併用(CS)療法とドセタキセル/シスプラチン/S-1併用(DCS)療法のランダム化第III相試験(JCOG1013)
2012 胃癌
(治験)
治療歴のある局所進行または転移性のHER2陽性胃癌患者を対象とした、trastuzumab emtansine(T-DM1)の有効性及び安全性をタキサン(ドセタキセル又はパクリタキセル)と比較検討するランダム化、多施設共同、アダプティブ第II/III相試験(BO7952)
2013 膵癌
(治験)
ゲムシタビン耐性膵癌患者を対象としたTAS-118とS-1のランダム化第Ⅲ相比較試験
2013 膵癌
(治験)
切除不能進行・再発膵癌患者を対象としたABI-007+Gemcitabine(GEM)療法の第I/II相試験
2013 胃癌 高度腹水を伴うまたは経口摂取不能の腹膜転移を有する胃癌に対する5-FU/l-LV療法vs.FLTAX(5-FU/l-LV+PTX)療法のランダム化第II/III相比較試験(JCOG1108)
2013 胃癌
(治験)
フッ化プリミジン系抗悪性腫瘍剤を含む初回化学療法に不応となった切除不能進行・再発胃癌患者を対象としたABI-007の3週ごと投与法とABI-007の毎週投与法と既存のパクリタキセル製剤(タキソール注射液)の毎週投与法とのランダム化第III相比較試験
2014 悪性リンパ腫
(治験)
末梢性T細胞リンパ腫を対象としたPDX(Pralatrexate)の第Ⅰ/Ⅱ相試験
2014 胃癌
(治験)
胃癌患者を対象としたONO-4538(ニボルマブ)の第Ⅲ相試験
2014 悪性リンパ腫
(治験)
非胚中心B細胞様びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫患者を対象としたPCI-32765(ibrutinib)の第Ⅲ相試験
2014 食道・胃・肝胆膵癌 消化管・肝胆膵原発の切除不能・再発神経内分泌癌(NEC)を対象としたエトポシド/シスプラチン(EP)療法とイリノテカン/シスプラチン(IP)療法のランダム化比較試験(JCOG1213)
2015 胃癌
(治験)
進行性胃腺癌患者の2次治療におけるMK-3475とパクリタキセルの第Ⅲ相比較試験(KEYNOTE061)
2015 胃癌
(治験)
プラチナ製剤又はフッ化ピリミジン系薬剤を含む併用一次治療後に進行した転移性胃腺癌又は食道胃接合部腺癌を有する日本人患者を対象としたラムシルマブの第Ⅱ相試験
2015 胃癌
(治験)
進行性胃腺癌又は食道胃接合部腺癌患者を対象としたMK-3475並びにMK-3475、シスプラチン及び5-フルオロウラシル(FP)/シスプラチン及びカペシタビン(XP)と、プラセボ及びFP/XPを比較する、バイオマーカー選択第Ⅲ相試験(KEYNOTE062)
2015 胃癌
(治験)
転移性胃腺癌/食道胃接合部腺癌患者を対象に一次治療としてS-1+オキサリプラチンとラムシルマブの併用投与後又はS-1+オキサリプラチン併用投与後に二次治療としてパクリタキセルとラムシルマブを併用投与する無作為化二重盲検プラセボ対照第Ⅱ相試験
2015 悪性リンパ腫 Interim PETに基づく初発進行期ホジキンリンパ腫に対するABVD療法およびABVD/増量BEACOPP療法の非ランダム化検証的比較試験(JCOG1305)
2016 胃癌 化学療法未治療の高齢者切除不能・再発胃癌に対するCapeOX療法の第Ⅱ相臨床試験(TCOG1601)

学会発表

日頃の診療における治療成績を中心に積極的に国内外の学会へ発表を行っています。

2015年1月~12月
日本胃癌学会総会 当科におけるnab-paclitaxelを投与された進行・再発胃癌患者の後方視的検討
当科におけるHER2陽性胃癌に対するTrastuzumab併用1次化学療法の後方視的検討
AACR Dielectrophoretic microwell array system for detection circulating tumor cells in patients with solid tumors and single cell analysis of detected circulating tumor cells
日本臨床腫瘍学会学術集会 切除不能進行・再発膵癌患者に対するnab-Paclitaxel+Gemcitabine療法第I/II相試験:追加解析
成熟B細胞リンパ腫における髄液中DNA濃度の検討
びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫における中枢神経再発リスク因子解析と新しい予後予測モデル
New prognostic score consisting of Glasgow prognostic score and LDH predicts clinical outcome in patients with DLBCL
Beta-2 microglobulin as a significant prognostic factor and a new risk model for diffuse large B-cell lymphoma
日本血液学会学術集会 DNA fragments concentration in cerebrospinal fluid and CNS relapse risk in mature B-cell lymphoma
Evaluation of prognostic value of beta-2 microgloblin and a new risk model for DLBCL patients
日本癌治療学会学術集会 Circulating tumor cells as a potential sample for proof of concept studies in drug development
進行再発胃癌に対する2次治療以降のcapecitabine併用療法の検討
当科における高齢者の大腸がん症例の薬物治療に関する検討
当科における進行・再発胃癌患者に対するnab-paclitaxel単剤療法の後方視的検討

診療実績

悪性リンパ腫、消化器がんの他、原発不明がんや遠隔転移を有する多岐にわたるがん腫に対応しています。

2015年1月~12月
がん腫 症例数
悪性リンパ腫 151
胃がん 53
大腸がん 31
膵がん 22
原発不明がん 19
頭頸部・口腔がん 6
胆道がん 3
肝細胞癌 3
食道がん 2
十二指腸がん 2
乳がん 2
胚細胞腫 2
肺がん 1
卵巣がん 1
その他のがん腫(9がん腫) 17

施設認定

日本臨床腫瘍学会認定施設
日本がん治療認定医機構認定施設

当科へのお問い合わせ

ページの先頭へ戻る