緩和ケア科

緩和ケアチーム

緩和ケアとは?

病気やその治療に伴う疼痛・呼吸困難などの「からだのつらさ」や不安・気分の落ち込みなど「こころのつらさ」は終末期に限らず早期から存在します。つらさを和らげる治療やケアを行うことによって、患者さんとご家族のクオリティ・オブ・ライフ(生活の質)を維持または向上し、患者さんが前向きにがんとつきあい納得した医療を受けられるよう希望を支えていく、それが緩和ケアです。

緩和ケアチームとは?

緩和ケアチームは「からだのつらさ」や「こころのつらさ」を緩和する方法を担当医や担当看護師と一緒に考えるチームです。その方らしい療養生活を支援すること目的として、2008年4月から正式な活動を開始しています。
チームメンバーは、緩和ケア科医師・看護師・臨床心理士・精神腫瘍科医師・薬剤師・管理栄養士・歯科口腔衛生士・ソーシャルワーカーなど、各領域の専門家による多職種で構成されています。

活動内容は?

緩和ケアチームのサポートが必要だと担当医や担当看護師が判断した時、または、ご本人やご家族からのリクエストがある時に、医師や看護師から緩和ケアチームへの依頼が出されます。
依頼を受けて、緩和ケアチームの担当者が病棟や外来で診察をします。診察結果を踏まえて、担当医や担当看護師らと相談の上、薬剤やケア方法を調整するサポートをしていきます。

オレンジアワード・ベストチーム受賞

駒込病院緩和ケアチームは、そのめざましい臨床活動・教育普及活動とみごとなチームワークが認められ、2009年6月、JPAP(Japan Partners Against Pain)より、全国の緩和ケアチームの中で「ベストチーム・オブ・ザ・イヤー」という名誉ある賞を受賞し表彰されました。

ページの先頭へ戻る