緩和ケア科

診療内容

「緩和ケア」とは、「重い病を抱える患者やその家族一人一人の身体や心などの様々なつらさを和らげ、より豊かな人生を送ることができるように支えていくケア」をいいます。病気そのものやその治療に伴う「からだのつらさ」「こころのつらさ」に対して積極的で継続的な緩和治療・ケアを提供することで、患者さんが前向きにがんとつきあい、納得した医療を受けられるよう、希望を支えていきます。

1) 緩和ケアチーム
一般病棟に入院中の患者さんで、疼痛・嘔気嘔吐・呼吸困難・不眠・気分の落ち込みなどのつらい症状でお困りの方が対象です。緩和ケアチームという多職種の専門家(緩和ケア科医師、看護師、臨床心理士、神経科医師、薬剤師、その他)が、主治医や病棟スタッフと協力して関わることによって、安定した心身の状態でがん治療を受けることができるようにお手伝いしています。お困りのことがありましたら、主治医・病棟看護師にお気軽にお声かけください。

2) 緩和ケア病棟
症状緩和の専門の医師・医療スタッフがおり、緩和ケアに適切な環境を整備した専門病棟です。原病に対する積極的な治療を行うことが困難であり、病名・病状を理解して、緩和ケア病棟への入院を希望するがん患者さんが対象となります。病気の進行に伴う患者さんとご家族の様々なつらさに対して専門的な緩和治療・緩和ケアを提供し、その方らしく穏やかに過ごせるよう支援します。入院のご希望がありましたら、主治医とご相談ください。

3) 緩和ケア外来
緩和ケア病棟入院のための相談外来と、症状緩和外来があります。主治医とご相談の上、電話でご予約ください。

4) 緩和医療相談
地域の医療スタッフからの緩和医療に関する相談をお受けしています。

ページの先頭へ戻る