都立駒込病院感染症科ページ

医師研修の案内

感染症の専門医師を目指すためには、ある程度の期間に様々な感染症を経験することが大切です。当院は、輸入感染症やHIV感染症などを含めた、幅広い感染症を経験することができる、数少ない施設のひとつとなっています。また、国内有数のがんセンターでもあることから、抗菌薬適正使用や耐性菌対策についても十分な知識と経験を得ることもできます。

日常診療の研修においては、感染症科スタッフと、初期研修医・後期研修医がチームで診療を行い、毎日朝夕にミーティングを行うことで、十分な議論の上で患者さんの治療方針を決定しています。そして、感染症の知識だけでなく、内科全般に対応できるような総合診療能力の育成を育むことを目的に、日々の指導を行っています。

研修期間には、さまざまな分野についての上級医師からの講義を受ける機会も多くあります。さらに、上級医師からの指導を受けながら、多くの学会発表や論文作成、研究班への参加などを経験することができる環境も整えられています。

当院は、人々の生活を脅かす感染症との闘いを使命として立ち上げられました。感染症対策によって社会に貢献するという開設当時からの崇高な理念は、今でも感染症科医師の中に脈々と受け継がれています。学生、研修医、スタッフレベルの医師など、学年に関わらず短期研修も適宜受けいれていますので、ご興味ある方は是非見学にいらしてください。そして、感染症の歴史を担ってきた現場の雰囲気を感じてみてください。

医師研修の案内
ページの先頭へ戻る