病院紹介

病院情報の公表

令和2年度 東京都立駒込病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 0 71 349 504 1175 1915 2826 4206 2045 208
昨年度、退院した患者さんを年代別に集計したものです。当院で最も多かった年代は、70歳代で全体の32%です。次に多い年代は60歳代で全体の21%となっており、60~70歳代で53%と全体の5割以上を占めています。3番目は80歳代で15%、4番目は50歳代で14%ほどです。
比較的ご高齢の患者さんが多くを占めていますが、20歳代・30歳代のいわゆるAYA世代(Adolescent and Young Adult(思春期・若年成人))と呼ばれる年代も含め、幅広い年代の患者さんが日々来院しています。
また、本集計全体の注意点として、治験、先進医療、自費診療等の患者さんは、集計から除外されています。

ページの先頭に戻る

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 45 4.42 4.86 0.00 69.73  
070560xx99x00x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 35 10.40 15.28 2.86 66.26  
070560xx99x70x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術なし 手術・処置等27あり 定義副傷病なし 19 7.89 23.08 0.00 63.11  
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 定義副傷病なし 15 6.80 7.17 6.67 47.53  
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 14 15.21 13.00 7.14 76.21  
「内科」には「総合診療科」と「膠原病科」があり、症状からどの診療科を受診したらよいかわからない患者さん、多くの病気を抱えてどの診療科を中心に受診したらよいかわからない患者さんのほか、アレルギー疾患や膠原病などの免疫異常が関与する疾患、救急の症例などが分類されています

膠原病科では 関節リウマチ、全身性エリテマトーデスをはじめとする膠原病や、気管支喘息などのアレルギー性疾患など、免疫異常が関与する様々な疾患の診療を行っています。 関節リウマチには、現在、生物学的製剤という薬剤がありますが、感染症や発癌といった問題が生じる可能性があり、当科では他科と連携して適切な対応が取れるように努めています。関節リウマチ以外の膠原病の治療はステロイド投与が中心ですが、病態に応じて免疫抑制剤の併用を行い、ステロイド投与量を最小限に食い止められるよう努力しております。全身性エリテマトーデスに対するヒドロキシクロロキン療法は、眼科の協力もあり積極的に行っております。

総合診療科では、症状からどの診療科を受診したらよいかわからない患者さん、多くの病気を抱えてどの診療科を中心に受診したらよいかわからない患者さん、そのほか救急の症例などを扱っています。当科には、外科系の医師が在籍し、必要に応じて相談しながら診療を進めています。外科系の医師は、急性虫垂炎やヘルニア(鼡径部、腹壁)の診断・治療を担当しています。

ページの先頭に戻る

消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 152 3.03 2.66 0.00 69.29  
060020xx04xxxx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 139 8.56 8.11 0.72 73.72  
060010xx02xx0x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 内視鏡的食道粘膜切除術等 定義副傷病なし 131 8.70 9.68 0.00 70.38  
06007xxx9910xx 膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 128 2.21 4.63 0.00 67.41  
060035xx03xxxx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 116 4.99 6.85 0.00 70.83  
消化器内科では、食道、胃、大腸、胆嚢、膵臓など、肝臓を除く消化器疾患のがんの診断と治療を診療の柱としています。
食道、胃、大腸では、治療の主軸は内視鏡治療で、入院患者も、内視鏡切除、特に粘膜下層剥離術が中心となっています。消化管進行癌や胆嚢・膵臓のがんでは、超音波内視鏡下の組織診断等により、正確な病気診断を心がけ、他科と協力して集学的治療を行っています。また、救急疾患として、胆石、膵炎などの炎症性疾患も扱っています。

ページの先頭に戻る

呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 147 6.67 9.42 0.00 70.20  
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 64 10.98 13.30 3.13 70.38  
040040xx99060x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等26あり 定義副傷病なし 41 14.76 15.31 2.44 73.15  
040040xx9903xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 39 27.64 27.90 0.00 68.92  
040040xx99041x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病あり 34 9.09 15.61 0.00 71.06  
呼吸器内科では、肺がんを中心に、肺結核と睡眠時無呼吸症候群を除いた呼吸器疾患全般の診療を行っています。
呼吸器の悪性腫瘍に対して当科で行っている主な治療は、「肺がんに対する化学療法・化学放射線療法・術後補助化学療法」「胸腺腫瘍に対する集学的治療・化学療法」「胸膜中皮腫に対する集学的治療・化学療法」などで、化学療法は外来でも実施しています。
より良い治療の開発を目的として、臨床試験も積極的に行っています。

ページの先頭に戻る

循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx9900xx 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 20 26.00 17.23 15.00 76.95  
050140xx99x00x 高血圧性疾患 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし - - 8.78 - -  
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし - - 10.56 - -  
050130xx9902xx 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり - - 24.18 - -  
050130xx97020x 心不全 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等22あり 定義副傷病なし - - 36.61 - -  
循環器内科では、がんや感染症治療に伴う心疾患のサポートを柱に診療を行っているため、薬剤性心筋症や深部静脈血栓症、不整脈などの治療、並びに心筋虚血評価などが多くなっております。進行がんなどの併発疾患を有している患者が多く、入院期間が長くなっております。
当院はCCUを保有していないため、緊急度・重症度の高い急性心筋梗塞や不安定狭心症、重症心不全、難治性不整脈、心臓血管外科治療を要するような疾患は、近隣連携病院に転院となるため転院率が高くなっております。

ページの先頭に戻る

神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010110xxxxx4xx 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 手術・処置等24あり 21 3.14 16.95 0.00 43.71  
070560xx99x70x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術なし 手術・処置等27あり 定義副傷病なし - - 23.08 - -  
010130xx99x4xx 重症筋無力症 手術なし 手術・処置等24あり - - 17.51 - -  
010155xxxxx1xx 運動ニューロン疾患等 手術・処置等21あり - - 22.18 - -  
010160xx99x01x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病あり - - 32.97 - -  
神経内科は、内科の一分野としての、中枢神経系(脳及び脊髄)、末梢神経系、筋肉の病気を専門的に診断・治療する科です。
パーキンソン病、重症筋無力症、多発性硬化症、慢性炎症性多発根神経炎(CIDP)などを多く取り扱っており、進行性多巣性白質脳症(PML)にも精力的に取り組んでいます。
癌に伴う脳梗塞、骨髄移植後の神経合併症など、院内各診療科からのコンサルトに積極的に対応しています。

ページの先頭に戻る

血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等22あり 136 38.11 38.35 2.94 52.17  
130060xx99x4xx 骨髄異形成症候群 手術なし 手術・処置等24あり 44 11.18 10.18 0.00 57.64  
130060xx97x40x 骨髄異形成症候群 手術あり 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 43 23.51 18.98 0.00 59.72  
130060xx97x00x 骨髄異形成症候群 手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 32 7.31 15.21 3.13 69.84  
130010xx99x2xx 急性白血病 手術なし 手術・処置等22あり 26 16.35 12.61 0.00 47.62  
血液内科では、主に、急性・慢性白血病、骨髄異形成症候群、多発性骨髄腫などの血液造血器疾患を中心に診療を行っています。
造血器疾患の治療法としては、同種骨髄移植、末梢血幹細胞移植および臍帯血移植があり、患者さんの状態にあわせてHLA半合致移植も施行しています。また、移植後のフォローアップを目的とした外来にも力を入れており、退院後の生活についての相談などにも対応しています。

ページの先頭に戻る

腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx9900xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 25 12.76 11.04 0.00 73.20  
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 20 6.90 8.15 0.00 70.45  
110280xx9901xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 15 14.67 14.01 6.67 70.47  
110280xx03x0xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 内シャント血栓除去術等 手術・処置等2なし - - 4.51 - -  
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等21あり - - 33.50 - -  
腎臓内科では、尿異常から腎不全治療まで、腎臓病全般を取り扱っています。代表疾患では、高血圧、ネフローゼ、急性腎障害、慢性腎臓病などがあります。
腎疾患の原因を早期に突き止め、診断後すみやかに治療介入し、腎不全進行の抑制を目指しています。腎不全が進行し、やむを得ず腎代替療法が必要になった場合には、患者さんの生活スタイルに合った治療法(血液透析・腹膜透析)が提供できるよう努めています。

ページの先頭に戻る

肝臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060300xx99x00x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 95 8.21 11.63 2.11 70.95  
060050xx030xxx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)等 手術・処置等1なし 73 7.92 7.96 0.00 72.53  
060300xx97100x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。) その他の手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 63 8.21 12.23 0.00 65.38  
060050xx99000x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 62 7.16 8.65 1.61 67.00  
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 56 9.00 10.70 0.00 73.57  
肝臓内科では、ウイルス肝炎から肝硬変、肝がんの治療まで幅広く治療を行っています。外来での診察と採血、諸検査により、現在の肝臓の状態を的確に把握して診断し、治療方針を決定します。必要があれば入院していただき、更に詳しい検査(肝生検、腫瘍生検、血管造影等)や治療を行います。
肝がんに対してはラジオ波焼灼療法や肝動脈腫瘍塞栓術、慢性肝炎にはインターフェロンフリー経口薬の治療などを行っています。

ページの先頭に戻る

腫瘍内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x4xx 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 228 10.73 11.14 0.00 69.18  
130030xx99x6xx 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等26あり 61 10.39 14.15 0.00 72.80  
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 34 23.68 25.58 0.00 60.79  
130030xx97x50x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等25あり 定義副傷病なし 24 31.08 31.90 8.33 53.04  
060020xx99x7xx 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等27あり 21 3.43 6.93 0.00 65.71  
腫瘍内科は、がん患者さんに対して化学療法を専門的に行っている内科系診療科のひとつです。化学療法とは、抗がん剤を用いた薬物療法のことです。
主な診療対象は、消化器がん(食道、胃、大腸、肝胆膵など)、悪性リンパ腫を中心とした抗がん剤治療を必要とする患者さんで、胚細胞腫、GISTを含めた肉腫、原発不明癌など特殊な腫瘍・病態の治療にも対応しています。
当院には通院治療センターがあり、抗がん剤治療を外来通院で行える体制も整えています。

ページの先頭に戻る

感染症内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130160xxxxx0xx 後天性免疫不全症候群 手術・処置等2なし 15 24.87 21.17 0.00 42.13  
0400801399x000 肺炎等(市中肺炎かつ65歳以上75歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なしA-DROP スコア0 - - 11.52 - -  
130160xxxxx2xx 後天性免疫不全症候群 手術・処置等22あり - - 32.55 - -  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
感染症科では、令和2年度は、新型コロナウイルス感染症に対する診療を最優先とし、コロナ専用病床の増床や人員の重点配置等、院内の体制を強化して、地域の医療機関や保健所等の関係機関とも連携し、他の診療科医師とともに診療にあたりました。
そのため、従来行っていた発熱・下痢・発疹等の症状をもつ患者さんの診療や輸入感染症(マラリア、デング熱、腸チフス、赤痢アメーバ症等)や、HIV感染症と診断された患者さんの治療は、例年より減少しています。
なお、当該公表の集計条件により新型コロナ感染症の患者さんについては、集計の対象から除外されています。

ページの先頭に戻る

食道外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060010xx99x40x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 185 10.35 9.31 0.00 68.10  
060010xx99x0xx 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等2なし 88 7.43 10.97 7.95 70.69  
060010xx99x30x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等23あり 定義副傷病なし 44 14.00 17.00 2.27 69.55  
060010xx02xx0x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 内視鏡的食道粘膜切除術等 定義副傷病なし 30 15.83 9.68 3.33 71.80  
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 27 12.22 20.51 14.81 72.22  
食道外科で扱っている主な疾患は「食道癌」ですが、「食道アカラシア」「食道裂孔ヘルニア」「胃食道逆流症」の他、食道良性疾患や消化管術後の機能障害など、食道の病気を広く取り扱っています。診断や治療・医療相談・セカンドオピニオンにも応じています。。
内科、放射線科と協力し、精密な検査を行い、その内容を患者さんに十分納得いくまで説明した上で治療を選択していきます。

ページの先頭に戻る

肝臓・胆道・膵臓外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx02xxxx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 肝切除術 部分切除等 43 13.14 15.58 0.00 64.77  
06007xxx9910xx 膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 27 2.89 4.63 0.00 71.15  
060335xx02000x 胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 25 9.56 7.23 0.00 68.08  
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 21 5.90 6.41 0.00 57.33  
06007xxx97x00x 膵臓、脾臓の腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 20 5.75 12.33 0.00 72.25  
肝胆膵外科では、おもに肝臓、胆道(胆管・胆嚢・十二指腸乳頭部)、膵臓、脾臓の良性・悪性疾患の治療を専門的に取り扱っています。手術の質(安全性や確実性)を低下させることなく、より低侵襲な肝・胆・膵・脾の外科手術を提供することに努めており、腹腔鏡下手術を積極的に取り入れています。
転移性肝癌の患者さんに対しては、原発部位ごとに大腸外科や胃外科などと連携をとりながら、集学的治療(手術と抗癌剤治療などを組み合わせた治療)を行っています。

ページの先頭に戻る

胃外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060020xx02xxxx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 62 16.02 19.04 1.61 73.06  
060020xx99x4xx 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 27 3.41 6.17 0.00 67.74  
060020xx01xxxx 胃の悪性腫瘍 胃全摘術 悪性腫瘍手術等 22 21.77 23.06 0.00 70.55  
060020xx97x0xx 胃の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2なし - - 15.03 - -  
060020xx03xxxx 胃の悪性腫瘍 試験開腹術等 - - 12.84 - -  
胃外科では、胃癌を中心に、さまざまな胃疾患(肉腫、粘膜下腫瘍など)および胃に関連する周囲臓器の治療を行なっています。
当科では手術を始め抗がん剤を用いた化学療法、抗がん剤と手術を併用する集学的治療など、様々な治療を行っており、放射線診断部、内視鏡科、消化器内科、腫瘍内科、病理科など各専門医との合同検討会(キャンサーボード)を開催することにより、レベルの高い診断に基づいた高度な専門医療を提供する体制を整えています。

ページの先頭に戻る

大腸外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx010x0x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 定義副傷病なし 123 12.45 16.19 1.63 69.45  
060040xx02000x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 52 14.21 15.31 0.00 65.13  
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 17 8.41 9.08 0.00 69.65  
060040xx03xx0x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 直腸腫瘍摘出術(ポリープ摘出を含む。)等 定義副傷病なし 16 12.06 13.01 0.00 61.06  
060040xx01xxxx 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 骨盤内臓全摘術等 15 24.00 29.08 0.00 65.07  
大腸外科では、大腸、肛門の良性・悪性疾患の全般、特に大腸肛門悪性腫瘍の外科治療および化学療法を専門としています。
大腸キャンサーボードを中心に、他科と合同で治療方針を検討し、個々の症状にあわせた治療を選択できるような体制を整えており、各科の連携は緊密です。
良性疾患は、潰瘍性大腸炎クロ-ン病などの難病を中心に、消化器内科と協力して各種の治療を行っています。

ページの先頭に戻る

乳腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx010xxx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等1なし 274 9.90 10.30 0.00 59.00  
090010xx02xxxx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 135 4.27 6.02 0.00 59.87  
090010xx011xxx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等1あり 43 11.49 15.87 0.00 47.21  
090010xx97x0xx 乳房の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2なし 22 5.50 6.20 4.55 53.55  
090020xx97xxxx 乳房の良性腫瘍 手術あり 20 4.00 4.13 0.00 39.50  
乳腺外科は、乳癌検診で精密検査を要するとされた方、乳房にしこり、乳頭異常分泌、皮膚の変化のある方、脇の下に腫れたリンパ節のある方、その他さまざまな乳腺疾患に関する疑問・相談に応じています。
問診・触診のほか、乳腺X線撮影(マンモグラフィー)、超音波検査、必要に応じて精密検査を行い、より早期に乳癌の発見を目指しています。腫瘤を作らない石灰化のみの病変に対してはマンモグラフィガイド下マンモトーム生検を行い、画像所見の乏しい乳頭異常分泌例に対しては乳管造影、乳房MRIを行い、確実な診断と完全切除に努めています。

ページの先頭に戻る

呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x00x 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 222 10.39 10.83 0.00 70.36  
040030xx01xxxx 呼吸器系の良性腫瘍 肺切除術 気管支形成を伴う肺切除等 11 8.00 9.10 0.00 62.45  
040040xx97x01x 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病あり - - 17.82 - -  
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし - - 10.08 - -  
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし - - 3.39 - -  
呼吸器外科では、肺、縦隔(じゅうかく)、胸壁、気道の悪性疾患を中心に、診断と治療を行います。当科では呼吸器内科、放射線科などと協力して行う集学的治療(手術療法、抗癌剤療法、放射線療法などを組み合わせて治療すること)を行っており、小さなキズで手術する内視鏡下手術も取り入れています。
主な診療対象疾患は、「肺悪性疾患(肺癌、肺肉腫、転移性肺腫瘍)」「肺良性疾患(良性腫瘍、気胸、血胸など)」「縦隔(じゅうかく)疾患」「胸壁胸膜疾患」「気道疾患」などです。

ページの先頭に戻る

整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 29 30.93 25.09 82.76 80.66  
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2なし 28 18.86 16.10 7.14 69.43  
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 27 21.63 21.03 7.41 64.56  
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 21 25.86 23.36 9.52 75.38  
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等2なし 20 23.95 20.40 20.00 71.65  
整形外科は、骨と関節によるけがや病気を担当しています。特に、背骨(脊椎)を原因とする痛みや麻痺、骨折、捻挫などのけがの診断と治療を行っており、股関節、膝関節の変形に対する人工関節手術、背骨の病気に対する手術を得意としています。
当科では、がん骨転移の患者さんに対して関連各科とカンファレンスを行い、総合的な判断で治療方針を決定しています。

ページの先頭に戻る

骨軟部腫瘍外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070010xx010xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1なし 83 3.95 5.39 0.00 47.82  
070041xx99x3xx 軟部の悪性腫瘍(脊髄を除く。) 手術なし 手術・処置等23あり 51 8.61 9.63 0.00 55.29  
070041xx99x5xx 軟部の悪性腫瘍(脊髄を除く。) 手術なし 手術・処置等25あり 42 3.00 5.02 0.00 47.95  
070040xx99x4xx 骨の悪性腫瘍(脊椎を除く。) 手術なし 手術・処置等24あり 40 7.38 15.72 0.00 30.30  
070041xx01x00x 軟部の悪性腫瘍(脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部悪性腫瘍手術 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 32 20.78 16,79 0.00 69.75  
手足や体幹表面の筋肉や脂肪に発生する軟部腫瘍と、全身の骨に発生する骨腫瘍とを総称して骨軟部腫瘍と言います。骨軟部腫瘍外科では、整形外科領域の腫瘍性疾患の診療を行っております。整形外科の腫瘍は、腫瘍自体の発生頻度が低く、その割には種類が多いという特徴があります。
当科であつかっている主な疾患は、「良性骨腫瘍」「良性軟部腫瘍」「悪性骨腫瘍」「悪性軟部腫瘍」「転移性骨・軟部腫瘍」などです。

ページの先頭に戻る

脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010010xx9903xx 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 13 5.31 17.29 0.00 69.15  
010010xx02x00x 脳腫瘍 頭蓋内腫瘍摘出術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 10 20.10 21.17 10.00 71.30  
010010xx02x3xx 脳腫瘍 頭蓋内腫瘍摘出術等 手術・処置等23あり - - 49.84 - -  
010010xx9900xx 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし - - 11.50 - -  
010010xx02x8xx 脳腫瘍 頭蓋内腫瘍摘出術等 手術・処置等28あり - - 67.12 - -  
脳神経外科で診療を行っている主な疾患は、脳腫瘍、脳血管障害、脊髄疾患などですが、その他脳神経に関すること全般にわたって診断、治療しています。
他科と協力した治療体制を組み、連携を図り、脳の病気の正確な診断、治療のみならず、全身状態の把握、治療に努めています。
頭部のCT(X線を使って脳をみる検査)やMRI(磁石を使って脳や血管を見る検査)、脳血管撮影などを行い、内視鏡手術や覚醒下手術を実施しています。

ページの先頭に戻る

皮膚腫瘍外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080006xx99x3xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 手術なし 手術・処置等23あり 107 12.70 7.95 0.00 70.61  
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 81 9.25 7.71 0.00 71.73  
120030xx99x3xx 外陰の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等23あり 67 14.88 7.78 0.00 81.19  
080005xx99x1xx 黒色腫 手術なし 手術・処置等21あり 27 16.04 12.29 0.00 68.70  
080006xx97x3xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) その他の手術あり 手術・処置等23あり 24 17.42 21.47 0.00 71.63  
皮膚腫瘍外科は、皮膚腫瘍を中心に診療を行っており、特に皮膚悪性腫瘍、いわゆる「皮膚がん」に重点を置いています。
現在、悪性黒色腫で使用される免疫チェックポイント阻害薬は、自己免疫に関連する有害事象(irAE)を起こすことがあり、そのマネジメントが重要視されています。当科では「チェックポイントチーム」を立ち上げ、様々な有害事象が生じた場合に、病院全体でマネジメントする体制を構築しています。

ページの先頭に戻る

形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx97x0xx 乳房の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2なし 75 5.80 6.20 0.00 50.01  
090010xx04xxxx 乳房の悪性腫瘍 組織拡張器による再建手術(一連につき) 乳房(再建手術)の場合等 37 5.35 8.26 0.00 50.86  
090010xx03xxxx 乳房の悪性腫瘍 動脈(皮)弁及び筋(皮)弁を用いた乳房再建術(乳房切除後) 二次的に行うもの - - 16.35 - -  
070570xx970xxx 瘢痕拘縮 その他の手術あり 手術・処置等1なし - - 5.27 - -  
180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり - - 6.27 - -  
形成再建外科では頭の先から足の先まで、全身が治療の対象となります。
形成外科としては、顔や手足の先天異常や外傷、皮膚や皮下組織の良性腫瘍、ケロイドや傷のひきつれ、床ずれ、皮膚潰瘍、下肢の静脈瘤、爪の変形などを治療します。
再建外科としては、悪性腫瘍の切除手術や外傷によって失われた組織の再建を行い、乳房再建、頭頸部再建(舌、上顎、下顎、咽頭、頭蓋などの再建)、顔面再建、四肢再建、会陰部再建などあらゆる部位の再建を行っています。

ページの先頭に戻る

泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 91 2.00 2.54 0.00 71.56  
110080xx01xxxx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 56 6.64 11.89 0.00 68.09  
110070xx03x20x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等22あり 定義副傷病なし 50 6.10 7.05 0.00 73.98  
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり 定義副傷病なし 40 5.50 9.96 0.00 71.83  
110060xx99x20x 腎盂・尿管の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり 定義副傷病なし 28 6.18 10.12 0.00 73.64  
腎泌尿器外科では、全ての泌尿器がんに対し、「精度の高い診断とリスク評価に基づく過不足のない必要十分な治療」と「低侵襲で、臓器温存・機能温存を目指した根治的治療」をモットーに診療を行っています。
当科で扱っている主な疾患は「前立腺がん」「腎がん」「膀胱がん」「腎盂・尿管がん」「副腎腫瘍・後腹膜腫瘍」などです。ダ・ヴィンチXi を用いたロボット支援手術の他、ロボサージャン・ガスレス・シングルポート手術、腹腔鏡下手術の3つの低侵襲(体に優しい)手術を提供しており、全ての泌尿器腫瘍の定型的手術はこれら3つの低侵襲手術の何れかで行っています。

ページの先頭に戻る

婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 193 3.64 4.44 0.00 59.47  
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等25あり 定義副傷病なし 121 4.28 4.34 0.00 61.26  
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮頸部(腟部)切除術等 手術・処置等2なし 107 2.69 3.11 0.00 37.81  
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 84 14.54 11.96 0.00 55.79  
120010xx99x40x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 37 4.43 4.78 0.00 73.30  
婦人科は、女性の健康を維持するために、女性特有の腫瘍(子宮、卵巣、卵管、膣、外陰部に発生する腫瘍)を中心とした婦人科疾患の診療を行っております。乳房の疾患に関しては外科(乳腺外科)で診療しております。
当科の診療内容は、「子宮、卵巣、膣、外陰部のできもの(腫瘍)の診療」が中心になりますが、その中でも婦人科臓器に発生した悪性腫瘍の診療に特に重点を置いています。良性の子宮や卵巣の腫瘍でも、悪性疾患との区別が難しい場合などは積極的に診療しております。

ページの先頭に戻る

眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼 134 2.34 2.76 0.00 77.13  
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり片眼 55 4.78 8.97 0.00 57.13  
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり両眼 50 4.54 4.95 0.00 78.48  
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 31 2.03 3.07 0.00 74.42  
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 25 3.80 6.49 0.00 67.76  
眼科では、眼に関する様々な病気の診断と治療を行っています。
近視、遠視、乱視などの屈折異常、結膜炎、ものもらい、流涙症などのcommon diseaseから、白内障、緑内障、網膜剥離、糖尿病網膜症、ぶどう膜炎など、失明につながる重篤な疾患も含め、幅広く対応できる診療体制を整えております。

ページの先頭に戻る

耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
03001xxx99x30x 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等23あり 定義副傷病なし 52 17.73 25.61 0.00 64.85  
03001xxx0100xx 頭頸部悪性腫瘍 頸部悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 38 13.39 13.68 0.00 67.53  
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 16 6.44 7.20 0.00 64.75  
03001xxx99x0xx 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 11 6.64 12.17 9.09 68.18  
100020xx010xxx 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 切除(頸部外側区域郭清を伴わないもの)等 手術・処置等1なし 10 9.10 8.50 0.00 64.90  
耳鼻咽喉科・頭頸部腫瘍外科では、表在癌を含む早期癌から進行がんまで、嚥下や音声等の機能も評価の上、エビデンスやガイドラインに基づきつつ、患者さんのご希望も加味して、手術、化学放射線療法、がん薬物療法など、個々の患者さんにとって適切と考えられる治療を行うように心がけています。
また、難聴、めまい、副鼻腔炎、慢性扁桃炎、扁桃病巣感染症、声帯ポリープ等の一般的な耳鼻咽喉科良性疾患の診断と治療にもあたっています。特に副鼻腔炎、扁桃炎、声帯ポリープ等の良性疾患の手術加療についても積極的に対応しております。

ページの先頭に戻る

放射線科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100020xx99x2xx 甲状腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり 58 4.07 6.15 0.00 59.69  
070040xx99x2xx 骨の悪性腫瘍(脊椎を除く。) 手術なし 手術・処置等22あり 24 8.00 20.47 45.83 69.83  
040040xx9902xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり - - 21.47 - -  
03001xxx99x2xx 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり - - 32.48 - -  
12002xxx99x2xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり - - 14.78 - -  
放射線診療科で治療を行っている主な疾患は、「骨転移癌」「脳腫瘍」「甲状腺がん」「肺がん」などです。いずれも当科単独で診療を行うことはありません。まずは各診療科でそれぞれの疾患の診断がされ、方針をよく相談してから治療を行っています。治療開始後も各科の医師と連携して診療を行っています。
当科は、高精度放射線治療機器を整備し、IMRT(強度変調放射線治療)、IGRT(画像誘導放射線治療)、動体追尾技術を利用した治療に積極的に取り組んでいます。

ページの先頭に戻る

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 152 16 37 97 61 44 1 6,7,8
大腸癌 33 47 65 81 120 76 1 7,8
乳癌 205 122 26 14 139 13 1 7,8
肺癌 145 67 133 341 85 237 1 6,7,8
肝癌 21 24 29 27 16 110 1 6,7,8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
いわゆる「5大癌」で入院した患者さんを、「初発」と「再発」に分類し集計したものです。
「不明」となっているものは、退院時までに検査結果が出ていないため病期分類が明らかでないものがあげられます。
当院は、がん診療連携拠点病院に指定されており、放射線療法や化学療法も含め、高度ながん医療の提供が可能で、緩和ケアやセカンドオピニオン、がん患者さんなどに対する相談支援や情報提供なども行っています。

ページの先頭に戻る

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 13 12.85 57.69
中等症 53 16.98 71.77
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
「市中肺炎」とは、普段の生活を送っている中で罹患した肺炎のことです。
当院では、中等症にあたる患者さんが多く、その9割が60~80歳代です。重症度が高くなると在院日数が長くなる傾向にあります。

ページの先頭に戻る

脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
合計値 22 12.86 72.22 31.82
当院では、平均在院日数は13日程度で、32%の方がリハビリなどの目的で転院しています。

ページの先頭に戻る

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 39 1.13 2.41 0.00 70.74
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) 15 2.80 13.73 0.00 60.27
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 12 4.67 1.58 0.00 75.00
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) - - - - -
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) - - - - -
「内科」には「総合診療科」と「膠原病科」があり、総合診療科は、内科系に加えて外科系の医師で構成され、急性虫垂炎やヘルニア(鼡径部、腹壁)などの手術も行っています。成人鼠径ヘルニアでは、メッシュ(人工補強シート)を用いて手術をします。膨潤局所麻酔を導入し、早期退院も可能です。
成人鼠径ヘルニアでは、メッシュ(人工補強シート)を用いて手術をします。膨潤局所麻酔を導入し、早期退院も可能です。

ページの先頭に戻る

消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 189 0.83 1.38 0.00 69.86
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 156 0.87 3.15 0.64 69.63
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 134 1.47 6.10 0.75 73.88
K526-22 内視鏡的食道粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術) 128 1.01 6.70 0.00 70.51
K682-3 内視鏡的経鼻胆管ドレナージ術(ENBD) 123 0.38 3.02 0.00 69.58
消化器内科での手術は、リンパ節転移がない早期癌に対する内視鏡切除が中心で、拡大内視鏡診断や超音波内視鏡診断により、正確な診断に基づき適応を決定します。
粘膜下層剥離術は原則として入院治療ですが、内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術は外来でも行っています。
閉塞性黄疸に対する胆道ステント留置術や、大腸悪性狭窄に対するステント留置術など、症状緩和目的の内視鏡治療も実施しています。

ページの先頭に戻る

腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6121イ 末梢動静脈瘻造設術(内シャント造設術)(単純) 29 4.31 10.48 10.34 72.62
K616-41 経皮的シャント拡張術・血栓除去術(初回) - - - - -
K803-31 腹腔鏡下小切開膀胱悪性腫瘍手術(全摘(腸管等を利用して尿路変更を行わないもの)) - - - - -
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 - - - - -
- - - - - - -
透析治療には、血液透析療法と持続的携行式腹膜透析(CAPD)療法があり、当科では両者が可能です。
腎臓内科医師により、血液透析のための血管(俗にシャントと呼ばれるもの)造設や、腹膜透析治療のための腹膜透析用カテーテルの植え込み手術を行っております。
また、当科では腎生検によりIgA腎症の病期を判定後、耳鼻咽喉科医師の協力により口蓋扁桃摘出手術/プレドニンパルス併用療法を行うことが可能です。
肝臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 51 1.20 7.08 0.00 74.92
K697-31ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(2cm以内のもの)(その他のもの) 48 1.35 5.19 0.00 74.44
K533-2 内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術 41 1.93 6.54 2.44 64.02
K697-32ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(2cmを超えるもの)(その他のもの) 25 1.92 5.72 0.00 68.88
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 23 2.39 7.00 4.35 62.65
肝がんに対しては、ラジオ波焼灼療法、肝動脈塞栓術などの治療をします。また進行した肝がんに対しては化学療法も行っています。
食道静脈瘤などは、出血を回避するために6カ月~1年に1回の内視鏡検査を行い、出血しそうな食道静脈瘤に対しては内視鏡的治療(内視鏡的硬化療法・内視鏡的結紮術)を行っています。胃静脈瘤に対しても積極的に治療を行なっており、バルーン下逆行性経静脈的塞栓術(BRTO)を実施しています。
腫瘍内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 61 3.26 8.36 1.64 64.46
K921-3 末梢血単核球採取 19 6.79 8.37 0.00 55.89
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 17 2.94 9.59 5.88 68.88
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) 13 1.23 22.31 0.00 66.54
K922-2 CAR発現生T細胞投与 - - - - -
当科では、悪性リンパ腫や消化器がん(食道、胃、大腸、肝胆膵など)の患者さんを対象に、抗がん剤治療を行っています。
抗がん剤以外にも患者さんの個々の状況に応じて放射線治療や外科手術などを組み合わせた最も良い治療方法を選択するため、外科や放射線科などの各専門科と緊密に連携して医療を行っています。
食道外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5291 食道悪性腫瘍手術(消化管再建手術併施)(頸部、胸部、腹部の操作) 46 6.93 19.37 4.35 70.54
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 30 5.53 18.13 6.67 67.10
K5223 食道狭窄拡張術(拡張用バルーン) 21 5.81 6.33 0.00 71.48
K522-2 食道ステント留置術 14 8.71 10.07 7.14 75.57
K526-22 内視鏡的食道粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術) - - - - -
当科では、開胸開腹を含む拡大手術から、傷が小さく痛みの少ない鏡視下手術、内視鏡手術まで幅広く治療を行っています。
早期がんに対しては「内視鏡的粘膜切除術(EMR)」、食道狭窄にはステント治療を行います。また、手術前後に化学療法、化学放射線療法を組み合わせた治療も行っています。
肝臓・胆道・膵臓外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 47 1.77 5.17 0.00 63.60
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 27 4.37 9.81 0.00 74.19
K695-21イ 腹腔鏡下肝切除術(部分切除)(単回切除) 17 2.41 8.00 0.00 59.65
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 12 0.67 2.25 0.00 69.67
K7032 膵頭部腫瘍切除術(リンパ節・神経叢郭清等を伴う腫瘍切除術の場合又は十二指腸温存膵頭切除術の場合) 10 6.40 26.80 0.00 73.00
安全性、根治性を損なわない限り、腹腔鏡下肝切除術、腹腔鏡下膵体尾部切除術、腹腔鏡下胆嚢摘出術など、腹腔鏡による低侵襲手術を行っています。膵臓がんに対しては予後向上のために、術前化学放射線療法を行った上で根治術をする治療戦略を行っています。肝切除による術後肝不全を予防するために、術前門脈塞栓術も必要に応じて取り入れています。
胃外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K655-22 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術) 38 3.16 10.55 2.63 73.66
K657-22 腹腔鏡下胃全摘術(悪性腫瘍手術) 12 3.92 15.00 0.00 71.25
K6572 胃全摘術(悪性腫瘍手術) 10 9.70 13.30 0.00 69.70
K6552 胃切除術(悪性腫瘍手術) - - - - -
K655-52 腹腔鏡下噴門側胃切除術(悪性腫瘍切除術) - - - - -
早期胃がんでは、根治性を損なうことなく低侵襲で機能温存を追及した手術(腹腔鏡下胃局所切除術、腹腔鏡補助下胃切除術、幽門保存 胃切除手術、神経温存胃切除術など)を行なっています。進行胃がんに対しては、化学療法と手術を併用する治療法に取り組んでいます。
当科では、胃切除後の患者さんのQOL向上のため、栄養科とタイアップして食事に関する食事指導にも力を入れています。
大腸外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 132 2.45 9.77 2.27 70.05
K740-22 腹腔鏡下直腸切除・切断術(低位前方切除術) 41 2.44 17.29 2.44 67.95
K740-21 腹腔鏡下直腸切除・切断術(切除術) 32 3.06 12.97 6.25 64.06
K7322ロ 人工肛門閉鎖術(腸管切除を伴う) 15 1.53 9.87 0.00 58.00
K740-23 腹腔鏡下直腸切除・切断術(切断術) 13 2.38 20.69 0.00 67.85
初発結腸と直腸の悪性腫瘍には、開腹手術のほか、腹腔鏡手術も積極的に実施しています。直腸癌に対する機能温存術を行っており、術後の排尿機能・性機能を保つことができます。
下部の(肛門に近い)直腸癌でも、出来る限り肛門括約筋機能を温存し、人工肛門(ストマ)を造設せずにすむ様に努力しています。
大腸癌肝転移に対しては、肝切除及び全身化学療法を積極的に施行しています。
乳腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 179 1.55 7.11 0.00 61.36
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 136 1.24 2.07 0.00 60.04
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) 77 1.64 7.82 0.00 55.21
K0171 遊離皮弁術(顕微鏡下血管柄付き)(乳房再建術) 21 1.00 9.86 0.00 48.67
K476-31 動脈(皮)・筋(皮)弁を用いた乳房再建術(乳房切除後)(一次的) 19 1.11 9.00 0.00 44.58
画像検査にて病変が局所に限局しており、安全域を含めて切除しても整容性が望める乳癌に対しては、乳房を残す乳房温存術の選択が可能です。
乳房切除手術に際して、乳房再建の希望のある方には1期的乳房再建・2期的乳房再建を行っています。
センチネルリンパ節に癌細胞の転移がない場合には、リンパ節郭清の省略が可能となり、合併症を極力減らすことができています。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 107 3.13 7.01 0.00 71.06
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 92 3.04 5.52 1.09 69.22
K5132 胸腔鏡下肺切除術(その他) 23 2.52 4.70 0.00 67.17
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除) 20 3.45 7.50 0.00 70.10
K5143 肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 10 4.20 8.20 10.00 71.60
2cm以下の肺癌で、術中に早期癌(非浸潤性腺癌もしくは微小浸潤性腺癌)と判断されたものに対しては、肺機能を温存すべく、積極的な縮小手術を胸腔鏡下に行っています。
進行した肺癌などに対しては、集学的治療との組み合わせにより、複数臓器の摘出(合併切除)を行って、癌の完全切除を目指した拡大手術を行うこともあります。
良性疾患や悪性腫瘍に対し、胸腔鏡(きょうくうきょう)を積極的に使用して、小さなキズから病巣の切除をする内視鏡下手術を行います。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 44 1.82 21.73 9.09 71.00
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 34 3.15 15.18 0.00 67.79
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 24 3.79 23.92 66.67 78.13
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 22 3.68 19.86 18.18 67.86
K136 脊椎,骨盤悪性腫瘍手術 19 4.21 26.63 15.79 65.26
当科では、「脊椎・脊髄疾患に対する診断、保存治療、除圧固定手術」「転移性脊椎腫瘍に対する椎体形成から脊髄全摘術までの各府手術」「関節変形疾患、リュウマチ疾患に対する人工関節手術」などを行っています。
脊椎腫瘍に対しては、歩行可能な状態を維持できるよう、手術に放射線療法(定位体幹照射)を組み合わせた治療法も取り入れています。
骨軟部腫瘍外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(肩,上腕,前腕,大腿,下腿,躯幹) 68 0.97 2.40 0.00 51.53
K0311 四肢・躯幹軟部悪性腫瘍手術(肩,上腕,前腕,大腿,下腿,躯幹) 32 4.38 15.25 0.00 69.53
K0302 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(手,足) 25 0.72 1.68 0.00 42.80
K0433 骨掻爬術(鎖骨,膝蓋骨,手,足その他) 14 1.14 2.50 0.00 40.50
K0531 骨悪性腫瘍手術(肩甲骨,上腕,大腿) - - - - -
骨軟部腫瘍科で扱う悪性骨腫瘍には、骨肉腫、軟骨肉腫、ユーイング肉腫、線維肉腫などがあります。悪性軟部腫瘍には、脂肪肉腫、粘液線維肉腫、未分化多形細胞肉腫、平滑筋肉腫、悪性末梢神経鞘腫瘍、滑膜肉腫、横紋筋肉腫などがあります。
当科では、それぞれの腫瘍の性質を検討して、手術療法、化学療法、放射線療法などを組み合わせた治療を行っています。また、可能な限り患肢温存手術を行うようにしています。皮膚や筋肉が欠損する場合は、形成外科再建チームと協力して再建を行っています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 32 8.50 28.13 25.00 68.13
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) - - - - -
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 - - - - -
K1742 水頭症手術(シャント手術) - - - - -
K1912 脊髄腫瘍摘出術(髄内) - - - - -
手術で極力症状を悪化させない治療法に取り組んでいます。
手術中に麻痺、失語症、高次機能の悪化をチェックできるように、覚醒下手術を実施しており、ほぼ全例ステルスナビゲーションシステムを使用しています。運動、感覚、聴覚、視覚のモニタリングを手術中に施行し、必要があれば内視鏡を使って低侵襲な手術も行います。
手術後は神経機能を温存しながら腫瘍の治療をします。放射線治療や抗がん剤の持続髄注という治療を施行しています。
皮膚腫瘍外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 112 1.80 8.03 0.89 71.62
K6112 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(四肢に設置した場合) 24 14.21 12.58 0.00 66.71
K8501 女子外性器悪性腫瘍手術(切除) 13 2.08 14.85 7.69 71.46
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm未満) 11 0.00 0.55 0.00 58.91
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) - - - - -
当科は、手術・薬物療法・放射線療法を組み合わせた集学的な治療を得意としています。
皮膚がんと診断した場合、内臓への転移がなければ基本的には手術療法が行われます。 手術療法の基本は原発巣(皮膚がん自体)を切除し、摘出した大きさにもよりますが単純縫縮術(切除部分を縫いよせる方法)か、植皮術を行います。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) 33 1.24 2.67 0.00 53.52
K476-2 陥没乳頭形成術,再建乳房乳頭形成術 28 0.18 1.50 0.00 46.82
K0171 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 25 1.00 8.60 0.00 51.20
K0064 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径12cm以上) 15 0.87 3.27 0.00 56.67
K013-21 全層植皮術(25cm2未満) - - - - -
悪性腫瘍の切除手術では、切除後の修復が必要不可欠です。組織の移植による再建が必要な場合、形成再建外科の出番となります。
乳房再建には、人工物(シリコンインプラント)を使う方法と自家組織移植(腹部や背部からの皮膚と脂肪の移植)による方法があります。また、乳癌手術と同時に再建を行う同時再建(一次再建)という方法も、乳腺外科と形成再建外科の協力で行っています。すでに他の病院で乳癌手術を受けた患者さんの再建も行っています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 87 1.13 3.08 0.00 72.38
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いる) 53 1.00 4.55 0.00 68.13
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 29 0.93 3.76 0.00 66.55
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 19 1.00 3.47 0.00 72.26
K773-3 腹腔鏡下小切開腎(尿管)悪性腫瘍手術 16 1.00 3.06 0.00 72.19
腎がん(腎部分切除・根治的腎摘除)、腎盂尿管がん(腎尿管全摘除)ではほぼ全例を腹腔鏡下手術またはロボサージャン・ガスレス・シングルポート手術を、膀胱がん(膀胱部分切除・膀胱全摘除)ではロボサージャン・ガスレス・シングルポート手術を行っています。
転移のない筋層浸潤性膀胱がんのうち、適応基準を満たす場合は、低侵襲・根治的・膀胱温存療法(低用量 化学放射線療法+膀胱部分切除/骨盤リンパ節郭清)を行っています。腎がんに対する腎部分切除は、腎機能温存を企図して無阻血・無縫合で実施しています。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K867 子宮頸部(腟部)切除術 84 1.00 1.00 0.00 39.13
K879 子宮悪性腫瘍手術 72 2.21 13.85 1.39 55.94
K877 子宮全摘術 45 1.31 7.58 0.00 56.47
K889 子宮附属器悪性腫瘍手術(両側) 38 2.34 11.08 0.00 57.05
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) 23 2.39 7.87 0.00 55.04
婦人科のスタッフ全員が婦人科の腫瘍(特にがん)の診療を専門にしております。子宮や卵巣に発生した悪性腫瘍の進行例でも集学的治療により根治を目指します。患者さんの苦痛をできる限り和らげ、QOLの向上を図ることも重点を置いています。
また、今まで行われてきた治療法に十分な検討を加え、初期子宮体がんに対するリンパ節郭清の省略や郭清範囲の縮小に代表される、より小さな手術(縮小手術)を治療成績を下げることなく取り入れる努力をしています。一方、進行子宮頸癌の治療に、強度変調放射線治療(IMRT)を取り入れ、治療成績を向上させる試みも行っています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 184 0.53 1.51 0.00 77.44
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 99 0.55 2.88 0.00 65.44
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 31 0.03 1.00 0.00 74.42
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 16 0.63 2.50 0.00 71.38
K275 網膜復位術 11 0.45 2.00 0.00 31.73
当科では白内障をはじめ、網膜硝子体疾患、眼瞼・涙道疾患など、幅広い範囲の疾患に対し、外科的な治療を重点的に行っています。
上記の手術患者数は、入院DPCデータに基づく数値ですが、外来手術も多数執刀しております。手術実績は詳細については、当科HP http://www.cick.jp/ganka/%e8%a8%ba%e7%99%82%e5%86%85%e5%ae%b9/ をご参照ください。白内障は進行性の疾患であり、治療には手術を行います。手術では濁った水晶体を除去し、代わりのレンズとなる人工水晶体、すなわち眼内レンズを挿入します。当院では、低侵襲手術(2.4mmの小切開による低侵襲の超音波乳化吸引術)を行っています。
超音波手術で行うことができない進行した白内障の患者や、合併症がある患者については、手術の安全性を重視し、患者の状態に即した手術手技を適用しています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K374-2 鏡視下咽頭悪性腫瘍手術(軟口蓋悪性腫瘍手術を含む) 25 1.28 10.40 0.00 69.52
K374 咽頭悪性腫瘍手術 20 1.00 10.55 0.00 66.35
K4691 頸部郭清術(片) 11 1.82 8.55 0.00 65.73
K3731 下咽頭腫瘍摘出術(経口腔) - - - - -
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) - - - - -
当科では幅広い頭頸部癌診療を行っていますが、機能温存療法に対しても積極的に取り組んでいます。治療の対象としては、咽喉頭の表在癌や早期癌に対する鏡視下経口的切除術やCO2レーザー手術、進行頭頸部癌に対するIMRTによる化学放射線療法の症例が豊富です。特に咽喉頭癌に対する鏡視下経口的切除術については他院からのご紹介も多く、多数の手術を施行しております。進行癌に対する拡大切除+再建手術、咽喉頭と食道の同時重複癌の手術も行っています。

ページの先頭に戻る

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0.00
異なる 9 0.07
180010 敗血症 同一 10 0.08
異なる 6 0.05
180035 その他の真菌感染症 同一 1 0.01
異なる 2 0.02
180040 手術・処置等の合併症 同一 18 0.14
異なる 1 0.01
最も医療資源を投入した病名が、入院の契機となった病名と同一であるか異なるかで分類して集計したものです。
当院はがんの患者さんが多いため、入院後、治療の影響や病状の進行による易感染、敗血症やDICを発症するなどのケースがあると考えられます。術後の合併症としては、がんの手術目的で入院したあとの術後出血や閉塞、感染、膿瘍などの症例があげられます。

ページの先頭に戻る

ページの先頭へ戻る