放射線診療科(治療部)

前立腺癌骨転移のゾーフィゴ治療

ゾーフィゴとは

ゾーフィゴは、アルファ線と呼ばれる放射線を出す「ラジウム-223」という放射性物質が含まれた、放射性医薬品の注射薬です。ゾーフィゴが注射されると、骨の代謝が活発になっているがんの骨転移巣に集まり、そこから放出されるアルファ線が骨転移のがん細胞の増殖を抑えます。

適応

去勢抵抗性前立腺がん(ホルモン療法を行っても悪化する前立腺癌)で、骨転移があり、内臓転移がない方に治療の適応があります。その他、検査値などの適応基準がありますので、お気軽にお問い合わせください。

効果

大規模臨床試験で、生存期間の延長、骨転移の症状が発現するまでの期間の延長が認められたことが報告されました。

副作用

骨髄抑制(血小板、白血球、赤血球などの血液の成分が減少すること)が一時的に起こることがあります。悪心(むかむかする)、嘔吐、下痢、食欲不振、疲労感などがみられることもあります。また、投与後に骨の痛みが一時的に強くなることもありますが、しばらく経つと落ち着きます。

治療方法

4週間に1回、合計6回の注射を行います。入院の必要はなく、外来で日帰りで治療できます。
投与後1週間程度は排泄物の処理など日常生活での注意点はいくつかありますが、通常の生活が可能です。詳しくは外来でご説明いたします。

ページの先頭へ戻る