放射線診療科(治療部)

転移性脳腫瘍の定位放射線治療

脳転移

都立駒込病院では、脳転移に対してサイバーナイフを用いた定位放射線治療を行っています。
(狭い範囲に放射線を照射することからピンポイント照射とも表現されます)

サイバーナイフ

治療の目安

癌の脳転移 
・ 1~3個, 1個3cm以内
(個数が多い場合、腫瘍が大きい場合、当院での定位放射線治療はできません)
・ 1時間動かずに横になれる

東京都立駒込病院 - 放射線治療

治療の流れ

東京都立駒込病院 - 放射線治療
東京都立駒込病院 - 放射線治療 04_cyberknife

治療効果

照射した腫瘍は高い確率で縮小が期待できます。

東京都立駒込病院 - 放射線治療

          ≪サイバーナイフで治療した一例≫

副作用

急性期:照射期間中~直後
  脳のむくみ(頭痛、吐き気)
  痙攣、意識障害…5%程度
  脳出血…まれ

晩期:治療数ヶ月~数年後
  脳壊死…まれ
  (強い脳のむくみ、神経障害、痙攣、意識障害など)

費用

630,000円 
※あくまで治療のみの費用です。その他にも別途様々な費用がかかります。

2015年8月更新 伊藤 慶

ページの先頭へ戻る