放射線診療科(治療部)

臨床試験

臨床試験とは

新たな治療法を開発する際には実際の患者さんに適応してどのような反応があるかを注意深く観察する必要があります。その際「臨床試験」という枠組みで、厳密に患者さんの状態や、治療の効果を判定し、そのあとの標準となる治療法を決定するのが、現在の根拠に基づく診療(EBM)の基礎となっています。
日本国内では試験と聞くとよくない印象を持つ方もいらっしゃいますが、必ずしも実験的な治療というわけではなく、倫理、安全面で十分配慮されかつ有望な治療法と考えられるものが臨床試験として行われます。
すべての臨床試験は開始にあたり当院の倫理審査委員会で審査されます。
当科でもよりよい治療の開発を目指して各疾患でいくつかの試験に参加して治療を行っています。

臨床試験への参加について

臨床試験に参加するかどうかは患者さんの自由意思に基づきます。説明を聞いた上で、参加しない場合でも不利益を被ることはありません。また、臨床試験の治療を一度始めた後でも、同意を途中で撤回することもできます。

費用について

通常の治療と同じように健康保険が適応され、自己負担分をご負担いただきます。
製薬会社が主体となり薬剤の有効性を評価する試験(治験)では、薬剤費、検査費用の一部、患者さんの負担を軽減するための費用を試験実施主体が負担することもあります。

補償について

臨床試験の治療によって、予測できなかった重い副作用など健康被害が生じる可能性がありますが、その場合は通常の診療における健康被害と同様に適切に対応します。基本的に特別な補償の仕組みはなく、治療により健康被害が生じた場合も一般診療と同じように保険診療として対処することになります。治療費の自己負担分については患者さんに負担して頂くことになります。

臨床試験参加に興味がある方へ

参加にあたっては腫瘍のステージや合併症の有無など条件があります。状態を評価の上、参加が可能であるか慎重に検討させていただきます。試験の詳細や試験に関する質問等ございましたら、当科にご相談ください。
肺と肝臓の定位照射の試験を除いては初回治療の患者さんが対象です。

疾患
ステージ
試験種別
概要
子宮頸がん
IIIB期 第III相 III期の子宮頸癌の患者さんにZ-100という免疫賦活薬剤を加えることで成績が改善するかどうかを評価するための試験。
子宮頸がん
IB2~IIIB 期 第I相 腔内照射の出来ない患者さんに定位放射線治療という高精度放射線治療の安全性を評価する試験。
肺がん
転移性肺腫瘍
肺に限局している 第II相 Vero-4DRTという治療機器の追尾技術を用いて、動体追尾放射線治療を行う場合の治療成績を評価する試験。
肝細胞がん
転移性肝腫瘍
肝臓に限局している 第II相 Vero-4DRTという治療機器の追尾技術を用いて、動体追尾放射線治療を行う場合の治療成績を評価する試験。
肛門がん
II-III期 第II相 抗がん剤治療と放射線治療
IMRTという高精度の治療技術を用いた場合の治療成績
膀胱がん
T2-3 第II相 膀胱の全摘を回避するため、まず放射線治療を行い、その後膀胱部分切除する治療が安全に行われるかを評価する試験
中咽頭がん
I-III期 第II相 中咽頭がんの患者さんにIMRTという治療技術を用いて治療を行う場合の治療成績の評価

臨床試験の詳細については以下をご参照ください。

  • 国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センター、がん情報サービス
ページの先頭へ戻る