腎泌尿器外科

腹腔鏡手術

腹腔鏡手術は、お腹に小さい孔を開け、そこからカメラや手術器具を挿入し、拡大したモニター画面を見ながら手術を行う方法です。従来の開放手術よりも傷が小さく体への負担が軽く、早期の退院・社会復帰が可能となります。拡大視野下に精密な手術操作ができ、従来の解放手術よりも出血量は少なく抑えられます。
胃や腸が収まっている腹膜の中から手術を行う腹腔鏡下手術と、背中側の腹膜外から手術を行う後腹膜鏡下手術の2つの方法があり、病状に合わせて手術方法を選択しています。当院では腹膜非損傷である後腹膜鏡下手術を主体に行なっております。さらに腎盂・尿管がんに対しては腹腔鏡手術とロボサージャン手術を融合させたハイブリッド低侵襲手術を実施しています。

腹腔鏡手術

ページの先頭へ戻る