腫瘍内科

悪性リンパ腫を免疫で治す。
〜CAR-T(カーティー)細胞療法とは〜

投稿者:腫瘍内科 下山 達 免疫が低下すると「悪性リンパ腫」が発生する 実は私たちの体の中では、日々がん細胞が生まれています。しかし、そのほとんどは、免疫によって駆除されています。それでは、免疫力が低下するとがんの発生は増えるのでしょうか?答えは「増える」です。実際に免疫低下に関連するさまざまな「がん」が報告されています。 例えば、免疫が低下する代表的な病気であるエイズは、がんの発生率が高いことが […]

がんと言われたら(医者からの説明)

投稿者:腫瘍内科 抗がん剤の治療を行う前には、必ずIC(インフォームドコンセント)を行います。 ICとはなにか、についてわかりやすく説明します。 ▲拡大表示する(PDFファイル表示) ▲拡大表示する(PDFファイル表示) ▲拡大表示する(PDFファイル表示) ▲拡大表示する(PDFファイル表示) ▲拡大表示する(PDFファイル表示)