前立腺がんかもしれないと思ったら
~PSA検査とは?~

前立腺がんかもしれないと思ったら<br>~PSA検査とは?~

投稿者:腎泌尿器外科医長 中西 泰一腎泌尿器外科部長 古賀 文隆
皆さんは、前立腺がんについてどのような印象をお持ちでしょうか。
前立腺がんは、がんの中でも患者数の増加率が一番高く、2015年に罹患数が約10万人となり、男性では胃がんを抜いて第1位になりました。年齢は75~79歳の方が最も多いとされています。
今日は、前立腺がんの早期診断の重要性と、診断指標の1つであるPSA検査についてご説明します。

前立腺がんとは?

前立腺は、男性だけにある生殖器のひとつで、前立腺液(精液の液体成分)を分泌している臓器です。クルミほどの大きさで膀胱の真下にあり、膀胱から出た尿道が中を貫いています(図)。
この前立腺に発生した悪性腫瘍を前立腺がんといいます。
こまごめコラム#25

前立腺がんの主な症状は?

前立腺がんは、早期には自覚症状がほとんどありません。がんが前立腺内で進行すると「尿がでにくい」「尿や精液に血が混じる」などの症状があらわれます。さらに進行すると、がんが骨に転移し骨の痛みが出現したり、リンパ節に転移して下肢のむくみが出ることがあります。

PSA検査って何?

前立腺がん検診で行われる検査はPSA(Prostate specific antigen)値の測定(PSA検査)です。PSA検査は採血で行われ、血液中にある前立腺に特異的なタンパク質である「PSA」の値を測定します。前立腺がん検診で行われる簡便な検査のなかでもっとも精度が高い検査です。PSAの値が高くなるにつれ、前立腺がんである可能性も高くなっていきますが、年齢により基準値が設けられています。
PSA値が基準値以下であればひとまず安心ですが、PSA 1.1 ng/mlを超える方には年に1回のPSA検査をお勧めいたします(表)。
PSA値は、前立腺肥大症や前立腺炎でも高値になることがあるため、基準値以上であるからといって前立腺がんがあるとは限りません。基準値以上の場合は、泌尿器科を受診し、より詳しい検査を受けることになります。

(表)年齢別のPSA基準値と前立腺がん検診のお勧め

年齢 基準値

(ng/ml)

PSA値
1.0ng/mL以下 1.1ng/mL~基準値 基準値以上
50~64歳 3.0以下 3年に1度検査 1年に1度検査 泌尿器科受診
65~69歳 3.5以下
70歳~ 4.0以下
前立腺がん検診ガイドライン2018年版 日本泌尿器科学会 編,検診アルゴリズム改変

PSA検査の意義とは?

がんは生命に係わる疾患であり、検診の対象となる人たち(集団)の死亡率や羅患率を低下させることが、がん検診の目的です。前立腺がん検診におけるPSA検査は、欧州の大規模な前向き研究によってがん発見時の転移がん・進行がん率の低下および死亡率の低下が報告されました。前立腺がんは、早期がんの段階で適切に治療すると生命予後が極めて良好です。

PSA が基準値以上であった場合の精密検査は?

精密検査として、直腸診検査の他に画像検査(経直腸超音波やMRI)を行います。特にMRIは有用で、治療を必要とする癌(脚注参照)の多くをMRIで検出することができます。
癌の有無の最終診断は、針を刺して細胞を採取する生検によってなされます。MRIで見える病変を狙って生検を行うことで、治療を必要とする癌の診断精度が高まり、不必要な生検を避けることができます。
当院では、精度の高いMRI標的生検を、局所麻酔をかけた上で、安全な経会陰アプローチ(肛門と陰嚢の間の皮膚から針を刺す方法)で行っています。
注)小さくて悪性度が低い前立腺がんは命を脅かす可能性が低いため、積極的な治療を行わずに経過観察することが一般的です。MRIで見える癌の多くは、ある程度大きくて悪性度が高めの、治療を必要とする癌であることが知られています。

PSA検査はどこで受けられますか?

①自治体の検診、②医療機関を受診、③人間ドックのオプション検査 の3つの方法があります。
PSA検査は採血で行えますので、現在かかりつけ医のある方は先ずは主治医に相談してみることをお勧めします。検診の一環として受ける場合などは、自費診療となります。自治体の前立腺がん検診では無料の地区もありますが、500円~2,000円程度の自己負担を設定しているところもあります。

執筆者紹介

中西 泰一(なかにし やすかず)

中西 泰一(なかにし やすかず)
がん・感染症センター都立駒込病院 腎泌尿器外科 医長
専門分野:泌尿器がん、前立腺肥大症
資格:医学博士、日本泌尿器科学会専門医・指導医、ミニマム創内視鏡下手術施設基準医

古賀 文隆(こが ふみたか)

古賀 文隆(こが ふみたか)
がん・感染症センター都立駒込病院 腎泌尿器外科 部長
専門分野:泌尿器がん低侵襲手術と集学的治療
資格:医学博士、日本泌尿器科学会専門医・指導医、daVinciコンソール術者認定資格、ミニマム創内視鏡下手術施設基準医、日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会理事、東京医科歯科大学臨床教授、European Urology誌編集顧問

駒込病院 ホームページリンク