消化器内科

消化器内科

駒込病院 消化器内科
都立駒込病院 消化器内科 部長 小泉浩一

患者さんへのメッセージ

消化器内科では、食道、胃、大腸、胆嚢、膵臓など、肝臓を除く消化器疾患のがんの診断と治療を診療の柱としています。がんを正確に診断し、ガイドラインに従い標準的治療をおこなうことを基本としていますが、最新の治療を取り入れる一方で、高齢化とともに各種の合併疾患をお持ちの方では、がんだけではなく体全体を診てよりよい治療の選択ができるよう、一般診療部門を持つがんセンターの強みを生かすよう心がけています。

食道、胃、大腸等の早期がんはできる限り内視鏡的に切除するよう努力しています。胆嚢、膵臓のがんも早期発見に超音波内視鏡検査を活用しています。進行がんでは、選択枝がいくつかある場合もあり、メリット、デメリットを十分理解して治療法を選ぶ必要があります。患者様と情報を共有し、外科・化学療法科・放射線科など、科を超えた臓器別の専門家が協力して検討し、患者様の疑問にお答えできるインフォームドコンセントを大切にし、患者様が納得できる医療を目指しています。
駒込病院 消化器内科

ページの先頭へ戻る