骨軟部腫瘍科

骨軟部腫瘍科

骨軟部腫瘍科
都立駒込病院 骨軟部腫瘍科 医長 大隈 知威

患者さんへのメッセージ

骨軟部腫瘍という言葉は耳慣れないかもしれません。手足や体幹表面の筋肉や脂肪に発生する軟部腫瘍と、全身の骨に発生する骨腫瘍とを総称して骨軟部腫瘍と言います。骨軟部腫瘍は種類が大変多いにもかかわらず、発生頻度が少ないという特徴があります。そのため専門でない医師にかかった場合に、診ても判らないために適切な治療に繋がらないことが残念ながら往々にしてあります。
当院の骨軟部腫瘍科は、日本でいち早く、整形外科から独立して骨軟部腫瘍に特化した経験を積み重ねてきました。経験豊富な骨軟部腫瘍臨床医と、骨軟部腫瘍を得意とする病理医、最新技術を持った放射線科医を兼ね備えた当院では、骨軟部腫瘍の診断から治療、治療後の経過観察まで安心しておかかりになれます。

【悪性骨腫瘍】

骨肉腫やユーイング肉腫、軟骨肉腫などが有名です。最新の化学療法を組み合わせながら、患者様のニーズに応じて、できる限り切断はせずに患肢温存手術を目指して治療します。

【悪性軟部腫瘍】

脂肪肉腫、滑膜肉腫、未分化多形肉腫、粘液線維肉腫、悪性末梢神経鞘腫瘍など多岐にわたる軟部肉腫についても、積極的に手術を行い、補助化学療法を駆使して機能温存を目指して治療します。

【良性骨軟部腫瘍】

当院では良性腫瘍でもご希望があれば積極的に手術を行います。また手術療法が適切でない腫瘍については薬物療法も行っています。

手術件数 平成26年 平成27年 平成28年 平成29年
悪性軟部腫瘍 54 48 48 45
悪性骨腫瘍 17 16 32 18
良性軟部腫瘍 198 207 196 191
良性骨腫瘍 54 49 47 56
その他(生検含む) 33 39 47 51
合計 356 359 370 361

骨軟部腫瘍科

ページの先頭へ戻る