がん・感染症センター都立駒込病院

文字サイズ

予約専用

03-3823-4890

予約時間:月〜金 9:00〜17:00 土 9:00〜12:00

代表

03-3823-2101

※午後が比較的つながりやすくなっています

緩和ケア科

緩和ケア科

駒込病院 緩和ケア科
都立駒込病院 緩和ケア科 部長 田中 桂子

患者さんへのメッセージ

がんになると、患者さんとそのご家族は、からだやこころの様々な不調、心配事、問題を抱えてしまうことがよくあります。
「緩和ケア」とは、そうした苦痛を取り除いたり緩和したりして、患者さんとご家族が安心して生活を送れるようにするためのケアです。

「緩和ケア」というと、「がん終末期に受けるもの」と誤解されている方も多いようですが、がんの治療中から、緩和ケアを必要される方も多くいらっしゃるのです。
例えば、病気そのものからくる症状や治療に伴うつらさ(嘔気、痛み、だるさなど)が緩和されると、がん治療に取り組む意欲がわいてきます。また、不安や心配ごと(経済的なこと、仕事や家族のことなど)に対して正しい情報を得て対応すると、安心して納得した治療を選択することができるようになります。

「緩和ケア」が必要なタイミング、「緩和ケア」について考えるタイミングは、その方によって異なります。ご自身が「困った時」がそのタイミングです。緩和ケアについて、今後のことについて、考えたくない時は、無理に考えなくてもいいかもしれません。しかし、体力や気力が落ちると、考えることがしんどくなったりできなくなったりするかもしれません。ご自身がどのように過ごしたいのか、「万が一、もしもの時」のことを前もって考えてご家族と話し合っておくことは、ご自身の安心につながるでしょう。

「緩和ケア」の考え方はこのように幅広いものであり、だからこそ、いつでもどこでも受けることができるようになっています。
当院のがんを担当する各科医師は全員緩和ケアの研修を受けておりますし、やっかいな苦痛に対しては、専門の「緩和ケアチーム」や専門の看護師がサポートいたします。また、当院・他施設・在宅でも継続して緩和ケアが受けられるように、ソーシャルワーカーがご相談を受けます。さらに、積極的治療を卒業された方のための「緩和ケア病棟」もあります。

一人で抱え込まずに、ぜひ、まわりのスタッフにご相談ください。私達は、患者さん・ご家族と情報を共有して整理し、皆様のお考えとご希望を尊重しながら、苦痛なくご自身らしく生活できるよう支援いたします。

駒込病院 緩和ケア科

ページの先頭へ戻る