循環器内科

循環器内科

駒込病院 循環器内科
都立駒込病院 循環器内科 部長 北原 康行

患者さんへのメッセージ

血液を全身に循環させる心臓と血管系は、生命維持に必要不可欠な臓器です。これらに障害が及ぶと、生命の危機に直結することや、日常生活に支障を与えること、生活に支障がなくともがんや感染症治療に制限が出てくることなどの様々な障害が生じます。この循環の障害に対応する診療科は、循環器内科や心臓血管外科などになります。

当院には心臓血管外科や重症の循環器疾患に対応する集中治療室(CCU)、並びに救命センターが設置されておりませんが、主として、がんや感染症治療中の循環器疾患に対応するために循環器内科が存在し、元々循環器疾患を持っている方のがん・感染症治療のサポートや、がん・感染症治療前の循環器系の評価、並びに、がん・感染症治療中に新たに生じた循環器疾患に対応しております。

最近は手術治療やがん化学療法、放射線治療などのがん治療の低侵襲化が図られておりますが、それでもがん治療に伴う循環器系の合併症をきたすことがあり、当科はそのような腫瘍循環器領域の問題に経験が多いことが特徴です。

当院内で対応不能な急性心筋梗塞や大動脈解離等の重症心血管疾患に関しては、当院と連携の強い日本医科大学付属病院や都立広尾病院、三井記念病院、明理会中央病院などに転院加療をお願いすることもあります。

病院連携に関しては、腫瘍の担当科や感染症科と他の循環器専門病院との情報共有などの橋渡し役を担うこともあります。今後も皆さまが安全で最適ながん・感染症治療が受けられるように、循環器サポートに努めて参ります。

駒込病院 循環器内科

ページの先頭へ戻る