がん・感染症センター都立駒込病院

文字サイズ

予約専用

03-3823-4890

予約時間:月〜金 9:00〜17:00 土 9:00〜12:00

代表

03-3823-2101

※午後が比較的つながりやすくなっています

放射線診療科(治療部)

高精度放射線治療装置

駒込病院では2012年のリニューアルオープンとともにトモセラピー、サイバーナイフ、Vero 4DRTの3台の高精度放射線治療装置をしました。これによりIMRT(強度変調放射線治療)、定位放射線治療など高精度放射線治療を多くの方に提供してきました。これからも最新の知見の臨床現場への適応と、治療開発に取り組んでまいります。

画像をクリックすると各装置を使用した治療例にジャンプします。

TomoTherapy(トモセラピー)

CyberKnife(サイバーナイフ)

VERO-4DRT(ヴェロ)

TomoTherapy(トモセラピー)

TomoTherapy(トモセラピー)

トモセラピーは、無限の回転軌道照射を実現させた強度変調放射線治療(IMRT)の専用機です。今まで実現困難とされてきた複雑な形状のターゲットにも、その形に沿った治療ができるようになりました。

TomoTherapy(トモセラピー)

実際の治療の前には毎回CTを撮影し、治療を計画したときの画像と比較して位置の誤差を補正しますので、計画した場所に正確に治療を行うことができます。

TomoTherapy(トモセラピー)

図にあるようなバイナリーコリメータというコリメータ(ビームの絞り)で避けたい部分を外せますので下の図にあるようにターゲットに沿った線量分布が得られます。
トモセラピーを使用するのはその機能が患者さんの状態に合うと考えられる場面です、適応については「トモセラピーFAQ」も合わせてごらんください。

トモセラピーによる線量分布の例

前立腺癌

前立腺癌

頭頸部癌(鼻腔癌)

頭頸部癌(鼻腔癌)

頭蓋皮膚血管肉腫

頭蓋皮膚血管肉腫

肛門管癌

肛門癌

CyberKnife(サイバーナイフ)

CyberKnife(サイバーナイフ)

第4世代のサイバーナイフはその最先端のロボット技術により多方向から一点に集中して治療を行うことで高精度の定位放射線治療を実現した治療装置です。
ロボットは照射中に生じる患者さんのわずかな動きを感知して、正しい位置に補正して照射するため、1mm程度の誤差の高精度な治療(定位照射)を提供致します。

サイバーナイフの治療の実際と線量分布の例

転移性脳腫瘍

転移性脳腫瘍

当初は主に脳の病変に治療を行っていましたが、2013年より肺や骨の病変の治療も開始しています。

VERO-4DRT(ヴェロ)

VERO-4DRT(ヴェロ)

VERO-4DRTは、呼吸による体内の臓器の動きに合わせて放射線が出るヘッド部分が動く機能を持っており、動体追尾放射線治療を提供する事が出来ます。
赤外線認識センサー及びX線透視複合システムを用いることで、体内のターゲットの位置を捉え、リアルタイムに照射ビームを最適な方向へ誘導します。

VERO-4DRTの線量分布

3次元的に放射線を集中させているため良好な線量分布であることがわかります。

原発性肺癌症例

原発性肺癌症例

2013年3月より呼吸によって上下に動く肺癌に対して、放射線のビームを動かして照射を行う動体追尾照射を開始しました。これまでに30人以上の方が同治療を受けられており、現在でも動体追尾照射を行う数少ない施設の一つです。
肝臓の治療でも追尾技術を適応し治療体積をできるだけ狭くする工夫を行っています。今後もほかの臓器の動くがんに対して治療を行う体制を整えていきたいと考えています。

2015年10月更新

ページの先頭へ戻る