がん・感染症センター都立駒込病院

文字サイズ

予約専用

03-3823-4890

予約時間:月〜金 9:00〜17:00 土 9:00〜12:00

代表

03-3823-2101

※午後が比較的つながりやすくなっています

放射線診療科(治療部)

骨転移の定位放射線治療

骨転移について

原発がんが進行すると、腫瘍が血管に浸潤し癌細胞が血液の流れに乗ります。全身を巡った末に骨に辿り着いた腫瘍が骨転移であり、骨転移があるということは全身病であることを意味します。全身病に対する標準治療は抗がん剤などの全身治療です。疼痛などの症状があれば、症状を和らげる目的で緩和照射がしばしば行われます(症状緩和治療)。

骨転移の定位放射線治療

体幹部定位放射線照射(Stereotactic Body Radiotherapy:SBRT)とは、病巣に対し多方向から放射線を集中させる方法です。一般的な照射方法と異なり、大線量を少ない回数で照射します。肺・肝腫瘍でしばしば用いられます。
当院では、2013年からこの技術を骨転移に対しても応用しています。下の画像に示したように、背骨の場合、骨の中の穴(脊柱管)に脊髄という大事な神経(黄色の臓器)が走行しています。脊髄は放射線に弱いため、高線量を投与する定位放射線治療では、脊髄を避けて腫瘍に高線量を投与しています。

適応となる患者さん

標準的な治療はあくまで3グレイ×10回などの緩和照射であり、定位放射線治療は以下の条件いずれかを満たした、限られた患者さんにのみ施行しています。

  • 原発のがんや他の転移が治療によって制御されており、1か所のみの骨転移
  • 以前に照射を行った骨病変の再増悪

治療の流れと内容

放射線治療計画を作るために、準備としてCTおよびMRIを撮影します。
治療は、病変のある骨に12グレイ×2回(計24グレイ)の放射線を投与します。1回の定位放射線治療に40~50分ほど要します。照射中は特に痛みや熱さを感じることはありません。入院の必要性もありません。

治療効果

定位放射線治療では、腫瘍に対して高線量を投与しますので、治療した部位は80∼90%という高い確率で制御できると報告されています。(Gerszten PC et al. SPINE 32(2); 193-199, 2007 など)

副作用

代表的な副作用を列挙します。

1) 照射後すぐに現れる可能性のある副作用

・皮膚炎…日焼けのような症状に対して、塗り薬で対応します。
・放射線酔い…照射後一時的に吐き気や倦怠感が出ることがあります。
・フレア現象…照射後一時的に痛みが強くなることがあります。
・(頸部・胸部の照射)咽頭炎・食道炎…飲み込む時の痛みやつかえ感を認めます。
・(腹部・骨盤の照射)腸炎…下痢症状を来すことがあります。

2) 照射後数ヶ月~数年して現れる可能性のある副作用

・皮膚炎…皮膚が硬くなったり、潰瘍になったりします。
・椎体圧迫骨折…体重に耐えられず椎体が潰れます。基本的に痛み止めで対応します。
・(胸部の照射)放射線性肺炎…熱・咳・息苦しさなどが現れます。
・(腹部・骨盤の照射)腸炎…下痢や出血など。重篤化すると穿孔、腸閉塞となります。
・その他:食道炎・食道潰瘍、骨髄抑制、二次発癌など

2017年2月更新 伊藤 慶

ページの先頭へ戻る