腎泌尿器外科

尿失禁・骨盤臓器脱

2017年度より伊藤医師の着任に伴い、女性の尿失禁に対して、TOT手術やTVT手術を、膀胱脱などの骨盤臓器脱に対して、TVM手術を行っております。男性では人工尿道括約筋植込手術を行っております。
TOT・TVT手術とは、尿道と膣の間にテープを挿入して、尿道の動きを抑えることにより尿失禁を改善させる手術です。
TVM手術も、TOT・TVT手術と同様に、膀胱と膣の間にメッシュを挿入して、膀胱が膣から脱出することを防ぐ手術です。
人工尿道括約筋とは、尿道に巻き付けたカフという器具を、陰嚢内に埋め込んだポンプを押すことにより操作し、排尿をコントロールする器械です。
入院期間の目安は、人工尿道括約筋植込手術・TVM手術で1週間程度、TOT・TVT手術で5日間程度です。

ページの先頭へ戻る