皮膚腫瘍科

診療内容

皮膚腫瘍科の特徴

皮膚腫瘍科では皮膚腫瘍を中心に診療を行っており、特に皮膚悪性腫瘍、いわゆる「皮膚がん」に重点を置いています。 皮膚がんの治療として手術療法はもちろんのこと、化学療法(抗がん剤治療)や放射線療法も行い、診断から治療まで一貫して皮膚腫瘍科で行っています。

一般的に皮膚がんは早期の表皮内病変の状態であれば、転移を生じる可能性は低く、それより深い真皮内に浸潤してしまった場合には、 血流やリンパ流にのって転移を生じる可能性が高くなります。このことからも早期であればあるほど予後が良い結果となります。 このことからも「最近、皮膚のでき物が大きくなってきた」など心配である場合は受診をお勧めします。

一般皮膚科は基本的に扱っておりません。場合により近隣医療機関への紹介となります。

別冊がんサポート「皮膚がん」を刊行しました

皮膚がんの種類や最新の治療方法、セルフケアの方法など、皮膚腫瘍科医長 吉野公二監修のもと、別冊がんサポート『皮膚がん』を刊行しました。
下記ページに掲載しておりますので、是非ご覧ください。

<患者さんへの情報提供ページ>

ページの先頭へ戻る