がん・感染症センター都立駒込病院

文字サイズ

予約専用

03-3823-4890

予約時間:月〜金 9:00〜17:00 土 9:00〜12:00

代表

03-3823-2101

※午後が比較的つながりやすくなっています

外科(胃)

診療内容

胃がんを中心に、良性、悪性を問わずさまざまな胃疾患(胃悪性リンパ腫、肉腫、粘膜下腫瘍など)および胃に関連する周囲臓器の治療を行なっています。

当科では手術を始め抗がん剤を用いた化学療法、抗がん剤と手術を併用する集学的治療や在宅治療まで、様々な治療を行っています。

現在まで5000症例以上に及ぶ豊富な治療経験や最新の技術を駆使して、放射線診断部、内視鏡科、消化器内科、化学療法科、病理科など各専門医との合同検討会(キャンサーボード)を開催することにより、レベルの高い診断に基づいて、最高峰の高度専門医療を提供する体制が整っています。

igeka

治療相談

胃切除に不安のある方、他の病院での説明だけでなく意見を聞きたい方(セカンド・オピニオンの希望)のご相談を受け付けています。また、他の病院で治療が困難といわれた方もお気軽にご相談ください。

検査および治療機器

最新鋭のMRIおよびCTによる微小転移の検索、治療経験が豊富な専門医による内視鏡や造影検査を行なうことで確実な診断が得られます。

また、放射線治療部の協力のもと高性能な放射線治療の提供も行うなど、他施設にはない治療も可能で好成績をあげています。

特殊検査として腹腔鏡検査を行っています。術前診断の困難な腹膜への転移を正確に診断することで綿密な治療方針の決定が可能となります。

手術

私たちは豊富な経験に基づいて胃がんに対する治療成績をデータ化し、画一的な治療ではなく、患者さん一人一人にきめ細かい配慮をして、最善の治療を提供すべく努力しています。

すなわち、早期胃がんでは根治性を損なうことなく低侵襲で機能温存を追及した体にやさしい手術(腹腔鏡下胃局所切除術、腹腔鏡補助下胃切除術、幽門保存 胃切除手術、神経温存胃切除術など)を行なっており、術後のQOL(quality of life)も良好です。

進行胃がんに対しては化学療法と手術を併用する新たな治療法に取り組んでおり、全国有数の治療成績がえられています。

また、手術による根治切除が不能と思われる人でも、化学療法科と協力して術前化学療法(neoadjuvant chemotherapy)を行い腫瘍を小さくしてから根治切除を追及する方法もあり、全国から患者さんが集まってきています。

以下に当院のステージ別の5年生存率をしめします。(2001年現在)
ステージIA:98.5%、ステージIB:93.4%、ステージII:81.1%、ステージIIIA:60.3%、ステージIIIB:39.4%、ステージIV:11.2%。

腹腔鏡下胃切除術

リンパ節郭清を含めたほとんどの手術操作を腹腔鏡で行ない、胃を3分の2程度切除します。腹部の創は、大きいもので5センチ位ですみます。術後の入院期間も10日程度です。

手術写真

 

幽門保存胃切除術

胃の出口にある幽門を残して胃を切除する方法です。

胆汁や十二指腸液の逆流が起きにくくなり、残った胃が荒れません。このため、長期的にみて残胃のがんの発生が少ないといわれています。

神経温存胃切除術

胃を支配する神経や、肝臓に向かう神経を極力温存して胃を切除します。胃切除後の胆石症の発生を予防するほか、残胃の機能低下が防止されます。

拡大リンパ節郭清術

これまでの手術では、治すことができないと考えられていた高度なリンパ節転移をきたした患者さんに対しても、大動脈周囲などのリンパ節を予防的かつ広範囲に切除することで5年生存率が25%と好成績をあげています。

当科へのお問い合わせ

ページの先頭へ戻る