肺癌かもしれないと考える前に
~肺に影があると言われた~

肺癌かもしれないと考える前に<br>~肺に影があると言われた~

投稿者:呼吸器内科医長 細見幸生

①レントゲンで肺に影があると言われたら

がん検診の結果で、突然肺に影があるといわれ、驚かれた方もいらっしゃるかと思います。
肺に影があると言われた人のどのくらいの人が肺がんなのでしょうか。
がん検診で1000人の方のレントゲン撮影を行った場合、20~30人の人が「肺に影がある」といわれます。この1000人の中に肺癌の方は0.3-0.5人といわれています。
つまり、肺に影があるといわれても肺がんである可能性は高くありません。しかし、放っておいてよいわけではありません。検査をするために病院を受診するようにしましょう。

②CTで肺に影があるといわれた場合

CTで影があるといわれた場合もすべてが病気というわけではありません。肺には「陳旧性病巣」という昔かかった病気の傷跡が残ることがあります。また、肺癌以外にも肺の病気はたくさんあります。また、CTのみで肺癌と診断をすることはできません。体から取った細胞を顕微鏡で確認し、癌細胞が認められた場合に初めて肺癌という診断になります。

③顕微鏡で癌細胞が認められた場合

顕微鏡で癌細胞が認められた場合は、がんが確定となります。ここまでは診断のための検査が中心でした。しかし、肺がん確定となった場合は、病気の進行度(ステージ)、全身状態、他の病気(合併症)、ご本人の希望などから、最適の治療方針を選択することになります。

④顕微鏡で癌細胞が認められない場合

癌が疑われた部分の細胞をとり、癌細胞が認められず診断がはっきりしない場合でもがんを否定できるわけではありません。肺癌であっても、内視鏡検査で肺から細胞を取り癌細胞が認められる可能性は7割前後とされています。癌の周りの細胞のみ取れた場合や内視鏡では細胞を取ることのできない肺癌もあります。
この様な場合は、再度内視鏡検査を行ったり、初期の場合は治療と診断をかねて手術を行ったり、場合によっては経過観察を行うなどいくつかの方法があります。

⑤肺がんの抗がん剤について

抗がん剤治療ときくと、食事が食べられなくなる、髪の毛が抜ける、動けなくなってしまうなど、あまりよくないイメージがあるかもしれません。これらの副作用が全くないわけではありませんが、10年以上前と比べ、抗がん剤も進歩し抗がん剤による副作用の対策も進歩しています。実際に抗がん剤を受けながら仕事や日常生活を送られている方もたくさんいらっしゃいます。近年では、病気になる前の生活をできるだけ維持できるように抗がん剤治療を行うことが重視されています。
 

最近の抗がん剤治療の進歩は目覚ましいものがあります。肺がんと診断された場合もそのタイプにより治療方針が全く異なります。1日1回の飲み薬での治療が中心となる方から3~4週間に数日の点滴が必要になる方まで様々です。肺がんの治療を行っている医療従事者は、日々情報を集めより良い治療を提供するために診療を行っています。ご自身の病気とその治療についてよく相談し理解したうえで最適の治療を行っていくことが重要です。


執筆者紹介

細見 幸生(ほそみ ゆきお)

こまごめコラム執筆者
がん・感染症センター都立駒込病院 呼吸器内科 医長
日本医科大学 平成7年卒
専門分野:呼吸器疾患一般、呼吸器悪性腫瘍
資格:日本内科学会認定内科医、日本臨床腫瘍学会暫定指導医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医・暫定教育医、日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医・指導医
駒込病院 呼吸器内科のページ

駒込病院 ホームページリンク