がん・感染症センター都立駒込病院

文字サイズ

予約専用

03-3823-4890

予約時間:月〜金 9:00〜17:00 土 9:00〜12:00

代表

03-3823-2101

※午後が比較的つながりやすくなっています

取組・活動

がん診療連携拠点病院としての取組

1 がん診療連携拠点病院とは

放射線療法や化学療法も含め、高度ながん医療の提供が可能で、緩和ケアやセカンドオピニオン、がん患者さんなどに対する相談支援や情報提供なども行っている病院です。

厚生労働省が定めた整備指針に基づき、「都道府県がん診療連携拠点病院」を都道府県に概ね1か所、「地域がん診療連携拠点病院」を2次医療圏に1か所程度、隣接する2次医療圏のがん診療連携拠点病院とグループ指定した「地域がん診療病院」をがん診療連携拠点病院のない2次医療圏に1か所、特定のがんについて当該都道府県内の最も多くの患者を診療する「特定領域がん診療連携拠点病院」(東京都はありません)を都道府県の推薦に基づき国が指定します。

人口や医療機関数等の東京都の地域特性を勘案し、東京都では都立駒込病院及び公益財団法人がん研究会有明病院(以下「がん研究会有明病院」)の2か所が「都道府県がん診療連携拠点病院」に指定されています。

都立駒込病院が、都道府県がん診療連携協議会の設置、院内がん登録データの収集・分析・評価や地域連携の推進など、都における医療ネットワークの中心としての役割を果たし、がん研有明病院が、がん専門医等教育やがん医療従事者の質の向上など人材育成を中心としての役割を果たしています。こうして2病院が役割分担しながら取り組み、さらに大学病院などの「地域がん診療連携拠点病院」や「地域がん診療病院」、東京都が独自に認定する「東京都がん診療連携拠点病院」、「東京都がん診療連携協力病院」と連携して、様々な取組を行うことにより、都におけるがん医療を推進しています。

都道府県がん診療連携拠点病院

2 がん診療連携拠点病院の役割

がん診療連携拠点病院の整備に関する指針(健発0100第7号 平成26年1月10日厚生労働省健康局長通知)においては、主なものとして、次のような要件があります。

  • 手術、放射線治療及び化学療法を効果的に組み合わせた集学的治療、緩和ケア、セカンドオピニオンなどの提供
  • 病態に応じたより適切ながん医療を提供できるよう、キャンサーボードを設置・開催
  • 専門的な知識及び技能を有する医師、診療放射線技師、薬剤師、看護師等の配置
  • がん医療に携わる医師等を対象とした研修の実施
  • 緩和ケアセンターの整備
  • 院内外のがん患者及びその家族並びに地域の住民及び医療機関等からの相談等に対応する患者サポートセンター(がん相談支援センター)の整備
  • 院内がん登録の実施
  • 臨床研究及び調査研究への協力体制の整備
  • PDCAサイクルの確保

*ご覧になりたい項目をクリックしてください。

緩和ケアセンター

患者サポートセンター(がん相談支援センター)

キャンサーボード

院内がん登録

また、都道府県がん診療連携拠点病院は、当該都道府県におけるがん診療の質の向上及びがん診療連携協力体制の構築、PDCAサイクルの確保に関し中心的な役割を担い、都道府県協議会を設置することになっており、駒込病院が東京都がん診療連携協議会の事務局を担当しています。

当該協議会は、都内のがん診療に係る情報の共有、評価、分析及び発信を行うとともに、診療の質向上につながる取組に関して検討し、実践するため、主に次の事項を行うこととしています。

  • 地域がん診療病院とがん診療連携拠点病院とのグループ指定の組み合わせの決定
  • 診療実績等の共有
  • がん診療及び相談支援の提供における連携協力体制についての検討
  • 地域連携クリティカルパスの一覧の作成・共有
  • 当該都道府県内の院内がん登録のデータの分析、評価等
  • がん医療に携わる医師を対象とした緩和ケアに関する研修その他各種研修に関する計画の作成
  • 都内の医療機関における診療、緩和ケア外来、患者サポートセンター(がん相談支援センター)、セカンドオピニオン、患者サロン、患者支援団体、在宅医療等へのアクセスについて情報を集約し医療機関間での共有・広報
  • 国協議会との体系的な連携体制の構築
  • 国立がん研究センターによる研修に関する情報や国協議会での決定事項が確実に都道府県内で共有される体制の整備

3 東京都がん診療連携協議会の活動

同協議会は平成20年6月設置され、毎年5月に開催されています。

平成28年度の「第9回東京都がん診療連携協議会」は、5月24日(火)に駒込病院において開催されました。

東京都がん診療連携協議会の活動

同協議会には、「研修部会」、「がん登録部会」、「クリティカルパス部会」、「相談・情報部会」及び「評価・改善部会」の5つの部会が設けられています。
今年度は、それぞれの部会の活動状況報告が行われるとともに、6つのグループに分かれ、「がん診療における連携」を中心としたテーマで話し合い、活発な議論が行われました。

都内50ものがんに関する拠点の病院が一堂に会し協議するのは、当協議会・部会だけであり、がん対策推進の原動力として、今後益々検討を重ねていくことになります。

東京都がん診療連携協議会

4 地域がん診療病院東京女子医科大学東医療センターとのグループ指定

☆駒込病院は東京女子医科大学東医療センターのグループ指定先医療機関です

都立駒込病院は、地域がん診療病院である東京女子医科大学東医療センターのグループ指定先医療機関となっています。
地域がん診療病院とは、がん診療連携拠点病院のない二次医療圏に一か所、がん診療連携拠点病院とのグループ指定により、国が指定するものです。
東京女子医科大学東医療センターが地域がん診療病院に指定されたことにより、東京都区東北部(足立、荒川、葛飾)におけるがん診療連携拠点病院の空白が解消されました。
都立駒込病院と東京女子医科大学東医療センターは、診療連携、合同カンファランスの開催などにより連携を図っています。

5 事務局からのお知らせ

☆都立駒込病院 第20回市民公開講座のご案内
「知ってほしい!緩和ケア」

都立駒込病院では、都道府県がん診療連携拠点病院として地域住民等の皆さまへ情報提供を行っております。
この度、第20回市民公開講座「知ってほしい!緩和ケア」の開催が決定しましたので、ご案内いたします。多くの方々のご参加をお待ちしております。

【日時】

平成29年10月14日(土) 午後2時から3時半まで

【会場】

都立駒込病院 別館1階講堂

【講師】

駒込病院 緩和ケア科 部長  田中 桂子
駒込病院 緩和ケアセンター 看護師長  郡 由起子
駒込病院 患者サポートセンター 医療ソーシャルワーカー  菊池 由生子
駒込病院 緩和ケア病棟 緩和ケア認定看護師  高橋 里江

【内容】

緩和ケアは、患者さんのからだやこころのつらさを和らげます。
がん治療を続けているときも、自宅で療養しているときも、いつでも受けることができる大切な治療です。
緩和ケアに関する具体的な情報をお伝えします。

【参加費】

無料

【定員】

150名(抽選)

【申込期限】

平成29年9月22日(金)まで ※消印有効

【申込方法】

メールか往復はがきにて、①~④の必要事項を忘れずにご記入の上、「第20回市民公開講座参加希望」と明記して(メールの場合は件名として)、ふりがな等記入漏れのないようお申込みください。
① お名前、ふりがな
② 同行者がいらっしゃる場合、全員のお名前、ふりがな
③ 郵便番号、ご住所
④ お電話番号

※お電話、FAXでのお申込みはできません。
※お申込みの際のご住所、お電話番号記入は、お申込者様のみで結構です。
※ふりがな等の記入漏れが多くなっております。お申込みの際には十分にお気を付けください。
※キャンセル待ちの方のため、キャンセルする場合には必ず事前にご連絡ください。
※申込期間終了後、厳正な抽選の上、結果については10月6日(金)までにメール、または返信用はがきでご連絡いたします。10月10日(火)を過ぎても通知が届かない場合は、恐れ入りますが下記問合せ先までご連絡ください。
※皆さまからお預かりした個人情報は、当院が責任を持って管理し、申込者への連絡のためのみに使用します。

【申込先】

都立駒込病院 がん拠点事務局 宛
E-mail:koukaikouza@cick.jp
往復はがき:〒113-8677 文京区本駒込三丁目18番22号

【問合先】

都立駒込病院がん拠点事務局:03-3823-2101(内線2065)

  • 第20回市民公開講座のご案内 

  • 6 がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了者名簿

    当院は、がん診療拠点病院として、がん診療に携わる全ての医師が緩和ケア研修を修了することを目標に取り組んでおります。

    ページの先頭へ戻る