取組・活動

がん診療連携拠点病院としての取組

1 がん診療連携拠点病院とは

各都道府県地域の中核病院として、手術、放射線治療、化学療法、痛みを和らげる緩和ケアを効果的に組み合わせた高度で専門的ながん医療の提供と、不安や困りごとに対する相談、セカンドオピニオン、信頼できる情報の提供など、がん患者さんとご家族への総合的な支援を行っている病院のことです。

より詳しい内容を知りたい方はこちらを御参照ください。

<参考>(駒込病院のホームページからは離れます)
都道府県がん診療連携拠点病院

2 都道府県がん診療連携拠点病院としての役割

都道府県がん診療連携拠点病院としての役割

東京都立駒込病院は、公益財団法人がん研究会有明病院とともに「都道府県がん診療連携拠点病院」に指定されています。

当院は、都道府県がん診療連携協議会の設置、院内がん登録データの収集・分析・評価や地域連携の推進など、都における医療ネットワーク形成を中心とした役割を果たし、がん研有明病院は、がん専門医等教育やがん医療従事者の質の向上など人材育成を中心とした役割を果たしています。

2病院が役割分担しながら様々な取り組みを行うことにより、都におけるがん医療を推進しています。

都道府県がん診療連携拠点病院としての役割

患者体験調査ご協力のお願い

3 東京都がん診療連携協議会の活動

東京都がん診療連携協議会の活動

東京都がん診療連携協議会は平成20年6月に設置され、その後、毎年一回5月頃に開催されています。「評価・改善部会」、「緩和ケア部会」、「研修部会」、「がん登録部会」、「クリティカルパス部会」、「相談・情報部会」の6つの部会を擁し、大学病院を始めとする、国や都から指定を受けたがんに関する拠点病院及び協力病院57施設(平成31年度)が参加しています。

平成31年度「第12回東京都がん診療連携協議会」は、5月24日(金)に都立駒込病院において開催されました。

各部会からの活動報告や、東京都全体のがん対策等に関する取組みについて情報共有が行われたほか、国立がん研究センター がん対策情報センター長 若尾文彦先生をお招きし、今後のがん診療連携拠点病院に求められる機能についてご講演いただき、活発な質疑応答が行われました。

都内のがんに関する拠点病院が一堂に会し協議するのは、当協議会・部会のみであり、がん対策推進の原動力として、今後ますます検討を重ねてまいります。

東京都がん診療連携協議会の活動

4 地域がん診療病院東京女子医科大学東医療センターとのグループ指定

☆駒込病院は東京女子医科大学東医療センターのグループ指定先医療機関です

都立駒込病院は、地域がん診療病院である東京女子医科大学東医療センターのグループ指定先医療機関となっています。
地域がん診療病院とは、がん診療連携拠点病院のない二次医療圏に一か所、がん診療連携拠点病院とのグループ指定により、国が指定するものです。
東京女子医科大学東医療センターが地域がん診療病院に指定されたことにより、東京都区東北部(足立、荒川、葛飾)におけるがん診療連携拠点病院の空白が解消されました。
都立駒込病院と東京女子医科大学東医療センターは、診療連携、合同カンファランスの開催などにより連携を図っています。

5 事務局からのお知らせ

☆都立駒込病院 市民公開講座のご案内

都立駒込病院では、都道府県がん診療連携拠点病院として地域住民等の皆さまへ情報提供を行うため、年に数回、市民公開講座を開催しています。

次回講座については、現在、準備中です。詳細が決まり次第、掲載いたしますので、今しばらくお待ちください。



☆都立駒込病院 市民公開講座のご報告

平成29年度より、当院にて開催した市民公開講座の内容について、概略情報を公開することとなりました。少しでも地域住民等の皆さまのお役に立てれば幸いです。

 

6 がん等の診療に携わる医師等に対する緩和ケア研修会

☆がん等の診療に携わる医師等に対する緩和ケア研修会(東京都立駒込病院)のご案内

 次回研修会については、現在、準備中です。詳細が決まり次第、掲載いたしますので、今しばらくお待ちください。

☆がん等の診療に携わる医師等に対する緩和ケア研修会修了者名簿

当院は、がん診療拠点病院として、がん診療に携わる全ての医師が緩和ケア研修を修了することを目標に取り組んでおります。

ページの先頭へ戻る