取組・活動

院内がん登録

院内がん登録とは

院内がん登録とは、病院で診断や治療を受けたすべての患者さんのがんについての情報(がんの部位、組織型、進行度、治療内容等)を収集・登録する仕組みです。
登録された院内がん登録データは、病院内のがん診療の実態を把握し、特徴を明らかにするための情報として活用されると共に、がん診療の質向上、患者さんやご家族への支援に役立てられます。
全国のがん診療連携拠点病院等で行われている院内がん登録の情報は、国立がん研究センターに提出され、全国集計の報告書として公表しています。

また、「がん登録等の推進に関する法律(平成25年法律第111号)」に基づき、日本でがんと診断されたすべての人のがんの情報を国で一元管理する「全国がん登録」が、平成28年1月から開始されました。
すべての病院と指定された診療所は、患者さんのがんに関する情報の届出が義務付けられました。これにより全国レベルでがんの罹患数が把握できるようになり、例えば、全国にがん診療連携拠点病院をどのくらい整備したらよいか、がん検診が効果的に実施されているかなど、国のがん対策や都道府県の地域医療計画にも活かされていきます。

当院の取組

当院では、がん診療連携拠点病院等の整備に関する指針(平成26年1月10日健発0110第7号)、及び院内がん登録の実施に係る指針(厚生労働省告示第470号)に基づき、「標準登録様式」に基づく院内がん登録を実施しています。
登録したデータは、毎年国立がん研究センターに提出するとともに、東京都が実施する地域がん登録事業にも協力しています。また、平成28年1月診断症例以降は、法律に基づき院内がん登録の情報をもとに、東京都に全国がん登録の届出を行います。
その他、がん診療連携拠点病院が参加する「Quality Indicatorに関する研究」や、全国がん(成人病)センター協議会が実施する研究調査に協力しており、がん診療の現状分析に役立てられています。

院内がん登録では、当院で診断・治療した患者さんの治療経過を把握するために、院内で情報が得られなかった場合には、公的機関等への照会を含む追跡調査を実施しています。

登録データに関する個人情報の取扱いについては、個人情報保護条例、及び当院の個人情報保護方針に基づき、最大限の注意を払っています。

皆様のご理解とご協力の程、宜しくお願い致します。

院内がん登録の対象と方法

<収集の対象>

  • 外来・入院を問わず各年の1月1日から12月31日までの1年間に、当院において診断もしくは他施設で既に診断されたのちに当院を初診した、すべての部位に発生した悪性新生物(がん)及び頭蓋内の良性及び良性か悪性の判断が難しい腫瘍を登録対象としています。
    なお、胃や小腸などの消化管の壁にできる腫瘍で、良性か悪性の判断が難しい消化管間質腫瘍(GIST)は2012年症例より、一部の卵巣境界悪性腫瘍と良性の中枢神経系腫瘍は2016年症例より登録対象としています。
  • 1腫瘍1登録の原則に基づき登録します。

<症例区分>

初回診断(当院での診断の有無)と初回治療(当院における初回治療の有無)の組み合わせにより、下記のような症例区分(10~80)があり、この区分にもとづき登録を行なっています。
国立がん研究センターより報告される集計対象件数は、症例区分10~40までの合計数となります。

症例区分10 診断のみ 
⇒ 自施設で診断したが、治療の施行は他施設へ紹介・依頼した場合。
症例区分20 自施設診断・自施設初回治療開始 
⇒ 自施設で診断および初回治療に関する決定をし、腫瘍そのものの治療を開始した場合(経過観察の決定および実行した場合も含む)。
症例区分21 自施設診断・自施設初回治療継続 
⇒ 自施設で診断した後、他施設で初回治療が開始され、その後、自施設で初回治療の一部を実施した場合(自施設での経過観察の実行は含まない)。
症例区分30 他施設診断・自施設初回治療開始 
⇒ 他施設で診断された後、自施設を受診し、自施設で腫瘍そのものへの治療を開始した場合(経過観察の決定および実行した場合を含む)。
症例区分31 他施設診断・自施設初回治療継続 
⇒ 他施設で診断された後、他施設で初回治療の一部を実施した場合(自施設での経過観察の実行は含まない)
症例区分40 初回治療終了後 
⇒ 他施設で初回治療終了後に自施設を受診した場合。自施設受診後の治療の有無は問わない。
症例区分80 その他 
⇒ 症例区分10~40のいずれにも分類できない場合。他施設診断症例で、治療目的に紹介されたが、自施設では治療は行なわず、他施設へ紹介した場合も含まれる。

なお、部位別(胃癌、大腸癌、肝臓癌、肺癌、乳癌)の集計対象件数は、当院における 初回治療症例(症例区分20~31)のうち、癌腫のみの合計数となります。

院内がん登録数の推移

国立がん研究センターに提出した全国集計2010年~2017年症例のうち、集計対象件数(症例区分10~40)を表しています。
院内がん登録症例数の推移

当院は、平成20年2月より「都道府県がん診療連携拠点病院」の指定を受け、地域の医療機関等との緊密な連携を行いながら、高度ながん治療を提供しています。
様々な合併症をもつ患者さんにも対応できるよう、専門的な診療機能に加えて、循環器内科や糖尿病内科、腎臓内科、眼科等の非がん部門の診療科とも連携しながら、多くの患者さんの診療に関わっています。

ページの先頭へ戻る